抗がん剤は効く?効かない?抗がん剤の治療について

抗がん剤とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤であり、主としてがんが細胞分裂する過程に働きかけ、細胞の増殖を妨ぎ、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだりなどの治療のために用いられます。

がん病巣を完全に破壊し、完治を目指すほか、手術前に投与し病巣を収縮し、切除しやすくさせたり、術後の転移や再発を防いだりするなど、補助的に用いられることもあります。

続きを読む

小細胞肺癌の症状から治療・再発まで

小細胞肺がんは、肺がん全体の15から20%を占め、特徴として患者が喫煙者であることが多くあります。

また、性別では男性と女性が5:1と男性が圧倒的に男性が多いのも特徴です。そして、増殖の仕方や進展の形態によって「小細胞がん(燕麦細胞がん)」「混合型小細胞がん」の2種類に分けられます。

続きを読む

癌の症状?初期症状だと思っていたら末期だということも?

がんの症状はさまざまで、その中で何か思い当たるふしがある場合、それは「がんの警告」かもしれない。

また、そういった身体のサインは医師の診察・検査において、診断時に役立つ内容となるため、自分の症状をできる限り詳しく把握しておく必要があります。なぜ、そう言った症状が重要になるのか、下記にまとめみました。

続きを読む

腫瘍マーカーとは?腫瘍マーカーの数値と見方

腫瘍マーカーとは癌の存在により血液中に増加する物質で、採血で癌の早期発見のために用いられます。検査では、普段ほとんどみられない酵素やたんぱく、ホルモンなどが、血液・尿中に増加していないかどうかを調べます。

しかし、癌が存在しても必ずしも増加するわけでもなく、また癌以外のでも増加することがあるため、確実とはいえません。そのため、数値に、振り回されないことが大切です。

続きを読む

肺腺癌とは?肺腺癌の症状から治療法・生存率まで

肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めているといわれているタイプで、日本において最も発生頻度が高いものとなっています。ここ最近では、2017年05月18日に歌舞伎俳優の中村獅童さんが初期の肺腺がん、2017年、8月3日にはET-KINGのリーダーいときんさんがステージ4と公表であることを発表しました。

発生率は男性より女性の方が高く、年々増加傾向にあります。発生率をみてみると、男性の肺がんの場合は約40%、女性の場合は約70%となっています。

続きを読む

大腸がんの症状・治療・生存率について

大腸は、盲腸・結腸・直腸・肛門で構成されています。

そもそも大腸の働きとして、食物が消化吸収された残りの腸内容物をため、水分を吸収して大便にする器官になり、大腸菌や乳酸菌など腸内細菌が存在し、食物繊維の分解や感染予防の働きなどをしています。

大腸がんは、長さ約2mの大腸に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。

続きを読む

がん種別に見たステージ4の5年生存率

末期がんは、一般的にがんが全身に転移していて、治療ができない状態を指します。多くのがんでは「ステージ4」と呼ばれます。

がんの病巣が部分的に限局していれば、手術で取り除ける可能性はありますが、全身に転移していた場合、基本的に生存期間は延長できません。

しかし、治療はあきらめないことが重要です。転移したそれぞれの場所を治療していくことは可能です。臓器ごとに違うがんの特徴を知り、あきらめずに治療をすることが、運命を変えることにつながります。

 

続きを読む

子宮頸がん検査や初期症状・生存率など

子宮体がんと子宮頸がんに分かれており、子宮体がんは子宮内膜がんともよばれ、子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。

子宮体がんは胎児を育てる子宮体内部の内側にある子宮内膜から発生し、子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいといわれています。

続きを読む