排卵誘発剤hMG注射とは?

hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)とは

hMGとは、不妊治療などに用いられる排卵誘発法の一つ。

成分は「ヒト閉経ゴナドトロピン」と呼ばれる、閉経後の女性の尿から作られる「性腺刺激ホルモン」の一種だ。卵巣を刺激して卵胞を成熟させる注射剤になる。

続きを読む

クロミッドと排卵の関係

クロミッドと排卵

排卵誘発剤の中で最もポピュラーな経口薬だ。クロミッドは、脳内の視床下部を刺激させて排卵を促すホルモンを分泌させる働きを持っている。

続きを読む

子宮内膜炎でも妊娠するには

子宮内膜炎とは

子宮内にある子宮内膜が細菌感染によって炎症してしまっている状態を言う。一般的な成熟女性は、頸管粘液で細菌を排除し、生理(月経)によって内膜が剥離・再生を繰り返すため発症しにくいと言われている。

続きを読む

保険が適用される不妊治療とは

保険適用になる不妊治療とは

初期の一般不妊治療

・検査(ホルモン検査・精液検査・子宮卵管造影検査など) 1,000〜3,000円
・タイミング法 3,000〜8,000円
・排卵誘発(注射) 1,000〜3,500円
・腹腔鏡下手術 140,000〜380,000円  など

続きを読む

不妊症改善で使われるプラノバールとは?

「プラノバール」は、高温期に分泌される女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合体させたもので、月経異常や更年期障害・卵巣機能不全などの治療に使われる薬である。

 

また、経口避妊薬(中容量ピル)としても処方され、毎日服用することによってホルモンバランスが変わり、妊娠を防ぐという働きもある。

そのため、この薬を使うと不妊症になるのではないかと心配する人がいるが、プラノバールはそもそも不妊症の治療にも使われるものなので、そういった心配は御無用だ。

使うタイミングによって効果が変わる

プラノバールは、使うタイミングによって効果が変わる薬なので、目的によって服用のタイミングが指示される。勝手な判断で服用すると全く逆の効果が現れてしまうので、指示はきちんと守ろう。

主な使われ方

・体外受精をする時、採卵前に使用すれば質の良い卵子ができる
・採卵後に使用すると、受精卵の着床を助ける効果がある

副作用などプラノバールで注意しておきたいこと

ホルモン剤なので、人によっては吐き気・乳房の張り・不正出血が起きることがある。薬が合っていない可能性があるので、あまり体の不調が続くようであれば医師に相談してみよう。

特に注意してほしいのが血栓症で、血液の塊が出来て血管をふさいでしまうことから、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがある。ふくらはぎの痛み・しびれ・激しい頭痛・突然の視力低下などの症状がみられたら、すぐに診察を受けよう。

また、他の薬剤との併用で効果が薄れたり、逆に作用が強まってしまったりすることがあるので、別の薬も飲む可能性があれば、そのことを医師に伝えておくことも大切である。

より質の良い卵子を育てるために

プラノバール服用と合わせて、卵子の質も上げておくといいだろう。プラノバールは卵胞の大きさを育てる役割があるが、卵子の質は上がらない。

その後の分割を左右するのは「卵子の質」が関わってくるので、排卵だけではなく卵子にもアプローチしておくことが大切だ。

卵子の質を上げるには

卵子と精子には、その機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアを活性化させる

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを併用することをおすすめする。

「イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

不妊手術の種類

不妊手術の種類

不妊治療を続けていく中で、一部、外科的な手術をしなくてはならないような病気が見つかることもある。

たとえば、卵管の一部、もしくは全部が詰まってしまう卵管閉塞や、子宮の筋層に良性の腫瘍ができる子宮筋腫などだ。

続きを読む

AMH検査の費用 日本平均

AMHは「アンチミューラリアンホルモン」の略で、この検査は卵巣の予備能、つまりあとどれだけ妊娠可能な卵子が残されているかをある程度予測するために行われる。

日本で受ける場合の平均費用は5,000~10,000円ぐらいで、健康保険は使えず自費扱いになる。

続きを読む

不妊治療の病院選びに間違わないコツ

晩婚化の影響で、日本では不妊治療を行う病院の数がどんどん増えている。

しかし、どこにかかっても安心かといえば決してそうではなく、子供が授かるどころか不愉快な思いをしただけで、結局何百万もの治療費が無駄になってしまった・・・なんていうこともあるので注意してほしい。

具体的に、どのような点に注意して病院を選べば良いのかを調べてみた。

続きを読む