高齢出差の様々なリスクとは?

高齢出産

35歳以上の初産婦を指して「高齢出産」と呼ぶが、若いころとはちがい、やはり様々なリスクが付きまとう。

妊娠高血圧症候群

これは、2005年以前には「妊娠中毒症」と呼ばれていたもので、妊娠によって母体の血管や内臓にかかる負担が大きくなることが原因で高血圧やたんぱく尿などを引き起こす。

続きを読む

高齢の不妊治療のリスクまとめ

高齢の不妊治療リスク

不妊治療は、女性の体に大きな負担がかかる。たとえば排卵誘発剤によるOHSSだ。これは「卵巣過剰刺激症候群」と呼ばれるもので、薬の影響で卵巣が膨れ上がり、腹水や胸水を引き起こす。重症化すると腎不全などの合併症が起きて命が危険に晒される可能性もあり、大変危険なのだ。

続きを読む

女性ホルモンを増やす為のサプリメントランキング

近年の日本の出産年齢の高齢化からこれまであまり意識されていなかった女性ホルモンの分泌量について議論される事が増えた。

女性ホルモンは15歳頃から上昇し20代でピークを迎え、30歳を超えた女性は年々女医ホルモンの分泌量が減少し60代には閉経を迎える。

続きを読む

おすすめのマカと一般的なマカの違い

男性だけではなく、女性にも人気のあるマカ。栄養素が豊富なマカには精力増強などがよく知られている。

それだけではなく、不妊やホルモンバランスを整えたり、生理不順改善などでも注目され続けているのだ。

続きを読む

処方される薬で不妊のレベルがわかる

不妊治療で最も使われる薬は、「排卵誘発剤」だ。

排卵誘発剤は、卵巣を刺激し、卵胞が大きくなるのを促し排卵に至るまでをサポートする役割を担う。一言に排卵誘発剤と言っても種類がいくつかあり、治療の段階によって使われる薬が異なる。

続きを読む

ルイボスティーを買う時にチェックする成分

ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカ原産のマメ科の植物で、ミネラルやビタミン・鉄分をバランス良く含むため、古くからお茶などに抽出して親しまれてきた成分だ。

日本でも女性の不妊症によいとしてよく利用されている。

SOD様酵素

ルイボスティーには、活性酸素に対抗するSOD酵素に似た「SOD様酵素」が含まれており強力な抗酸化作用としても期待されている。

排卵から着床にいたるまでの過程で活性酸素が関与しているため、活性酸素とSOD酵素のバランスがとても重要になる。

そこでこれらの豊富なミネラル、ビタミン、鉄分、SOD様酵素が総合的に女性の不妊症によいとされているのだ。

注目されている健康茶

一方で不妊症の改善を期待する健康茶にはタンポポ茶もとても注目されている。

タンポポ茶

タンポポは日本でも古くから食用として親しまれてきた植物だ。

ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンEのほかカルシウム、鉄、リボフラビンなど女性ホルモンの分泌や冷えの改善などによいとされる成分が豊富に含まれている。

悩ましいところは、ルイボスティーとタンポポ茶、それぞれ効能が重なる部分もあれば、どちらか一方でしか得られない部分もあることだ。

また、女性の不妊症改善によいとされる成分は、これたルイボスティーやタンポポ茶以外にも、葉酸やヘム鉄など様々なものがある。

全ての健康茶を効率よく摂取できるのか

できれば全部を効率よく摂取したいところではあるが、ルイボスティーもタンポポ茶もお茶として飲むものなので、両方を満足に摂取することはなかなか大変だ。

それぞれバラバラに摂取しようとすると当然その分費用もかさんでしまう。また不必要な成分を余分に摂取することになったり、何より数が増えるとその分精神的にも負担だ。

よいとわかっていても実践しづらい理由はこういうところにあるのだろう。

オールインワンサプリメント

そこで今ではこれら不妊症に悩む女性に必要な成分を一つにバランス良く配合したオールインワンサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

女性ホルモンを増やすためのマカ使用法

女性ホルモン

女性が妊娠をするためには、生理が順調で子宮の状態が良くなければ難しい。
これらをコントロールしているのが「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンと「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンであり、これは女性ホルモンの一種である。

続きを読む