女性ホルモンを増やして35歳以上でも妊娠に

妊娠を願う女性にとって、女性ホルモンホルモンバランスは、とても気になる部分ではないだろうか。

女性ホルモン

女性のからだは、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)

続きを読む

体外受精(IVF)の成功確率を上げる方法

成功率低下の理由

体外受精(In Vitro Fertilization, IVF)は、あまり成功率が高くないことで有名だ。

2010年の日本産婦人科学会の調査によると、体外受精の年齢別妊娠率は、25歳〜29歳で35%〜39%、30歳〜34歳で35%前後、30歳後半あたりから、20%台となり、40歳に至る際は20%をきる。

続きを読む

高齢出産向けAMHが1.0でも妊娠出来る?

AMH検査とは、卵巣の年齢を調べることができる検査だ。
他に、卵巣の年齢を調べる検査は「超音波検査」と「FSH値を測定する検査」があるが、AMH検査は月経周期に関係なく、血液検査で調べることができるため最も簡単で正確な検査と言われている。

続きを読む

高齢出産向けAMHが低いひとの不妊対策

「AMH」はアンチミューラリアンホルモンの略で、卵胞が発育していく過程で分泌されるホルモンのことだ。この値を測ると卵巣の予備能(将来的に卵巣に残っていると思われる卵子の数)が予測できるので、不妊治療の一環としてしばしば検査が行われている。

続きを読む

芸能人の高齢出産まとめ

晩婚化の波は芸能界にも押し寄せ、35歳以上で母親になるタレントが増えている。経済的に恵まれた有名人とて、年齢が上がれば不妊に悩むのは同じ。すんなりと妊娠する人がいる一方で、辛い不妊治療を乗り越えて我が子を手に抱いた人も少なくない。

続きを読む

30代から妊活を始める為の基礎知識

仕事を頑張っていたり、結婚する年齢が遅かったりして、初めての妊娠に臨むのが30代以降になるというカップルは少なくない。しかし、生殖機能は年齢とともに衰えるので、いざ子供を……と思ってもなかなか妊娠できないケースも多いのだ。

続きを読む

40代高齢出産の不妊治療成功率平均

女性の社会進出などが原因で晩婚化が進んでいる日本では、40歳を過ぎて妊娠を希望するカップルも増えている。しかし、20代後半をピークに衰えを見せ始める生殖機能は、一度不妊の状態になってしまうとなかなか回復しない。


そこで、病院に通って不妊治療を受けることになるわけだが、40歳を過ぎている場合の治療の成功率は一体どれぐらいなのだろうか? 続きを読む

40代の体外受精の成功率はどのくらい?

40代での成功率は?

体外受精は不妊治療の最後の段階であると言われているが、40代での成功率はおよそ1割程度である。さらにそのまま無事出産まで至る女性となると、全国でも年に数えるほどしかいない。

続きを読む

50代高齢出産のリスクと成功率

非常に稀なケースではあるが、50代以降になって子供を授かる女性もいる。しかし、その割合は厚労省によると51万人中8人ともいわれ、この年になって妊娠・出産することがいかに難しいかがよく分かる。

続きを読む

ダウン症リスクを下げる正しい高齢出産

「ダウン症」は、通常よりも染色体の数が多く、特有の身体的特徴や精神発達の遅れを伴って生まれてくる状態のことを指す。卵子や精子が作られる段階で染色体がうまく分離しないことが原因といわれており、今のところ根本的な治療法はまだ発見されていない。

続きを読む