肝臓がんの原因や生存率は?

人体の働きを支える化学工場ともいわれる肝臓。その働きは、取り入れた栄養分を体に必要な成分に変換、一方有害物質は解毒・排出するという体内の循環を円滑に行う、非常に重要な働きを持つ臓器である。

続きを読む

子宮体がん検査は痛い?検査内容の注意点

子宮体がんは、病状が進行していない早期の段階で出血を来すことが多く、不正出血での発見が約90%と言われている。

もし、子宮体がんを発症してそのまま放置した場合、命に関わるほどのタチの悪いがん種へと変貌してしまうため、定期検査を受けることをお勧めする。

続きを読む

子宮体がんの原因は?

子宮体がんは「子宮内膜がん」とも呼ばれ、主な原因は「食の欧米化、晩婚化、妊娠回数の減少」などといった女性の生活習慣の変化が絡んでいる。また、進行スピードは他がん種と比べても遅い上に、早期発見されやすく治癒率も高い。

続きを読む

子宮体がんとは?ステージについて

子宮体がんは胎児を育てる子宮内にある、子宮内膜からできるがんだ。そのため、子宮内膜がんとも呼ばれている。

発症には2タイプあり、子宮内膜増殖症という前がん病変を伴い徐々にがん化するタイプと、正常な子宮内膜から一気にがんを発症するタイプがある。どちらも40歳以上から多くみられる。

続きを読む

子宮がん症状のチェック方法

子宮頚がんの発症は、20代から急激に増加している。そのため、この病気が妊娠に関する世代に重大な影響を及ぼしていることが見て取れる。
しかし幸か不幸か、この世代は早期がんが多く子宮温存が可能なケースが多い。

続きを読む

子宮がんの最新治療は?

子宮がんは、発症部位により子宮頸がんと体がんに分かれる。かつて、子宮がんの約90%は子宮頸がんが占めていたが、体がんが逆転してきている。また、進行度や組織型によって治療法も変わる。

続きを読む

小野薬品オプジーボ併用で副作用死亡も

肺がんなどの治療に使われる新しい免疫治療薬「オプジーボ」について、製造販売する「小野薬品工業」(大阪市)は19日、自由診療の免疫療法と併用した患者で6人に重い副作用があり、うち60歳代の男性1人が死亡したと発表しました。

続きを読む

千代の富士の膵臓がんとは?

元横綱千代の富士の九重親方が膵臓でがんで死去-61歳

「小さな大横綱」と称された元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、東京都内で死去しました。

昨年9月、早期の膵臓(すいぞう)がん手術を受けていたことを明かしており、内臓疾患を理由に7月の名古屋場所を休場。6月中旬から下旬にかけての時期に手術を受けたとみられ、約1カ月の入院治療の後、7月下旬に退院したといいます。

続きを読む

スキルス胃がんの治療法は?

スキルス胃がんは胃がん全体の約10%を占め、予後不良がんの代名詞で「タチの悪い胃がん」として知られている。

胃がんの中でも悪性度が高く、他の胃がんと比べて進行が非常に早い。これまでの治療成績においては、手術で全切除できたとしても5年生存率は10~20%ほどしかないのだ。

続きを読む