直腸がんの治療と生存率

直腸がんなどのがん細胞は、多くの栄養とエネルギーを正常細胞から奪いながら際限なく成長する。
さらに、がん細胞はリンパ管や血管にわたって他の臓器へ移動し、簡単に増殖する能力も持っており、がんの成長過程で正常細胞を壊死させる物質を放出することで、臓器の機能や体力・免疫力を奪う。

続きを読む

直腸がんの症状は身近なところに

初期の直腸がんでは症状を感じない場合が多い。そして、症状を感じはじめた頃にはすでにがんが進行している可能性が高いのだが、直腸がんの進行スピードは遅く、同じ消化器系の胃がんに比べても10分の1ほどである。

続きを読む

身近なところにある大腸がん原因

欧米を中心に発症していた大腸がん。最近の日本人は、アメリカの日系移民および欧米白人と同率の罹患率になりつつある。特に女性は、がんの死亡率において大腸がんが第1位となっている。

大腸がんは、大腸粘膜の細胞が何らかの原因によりがん化し、大腸壁に深く広がって進行していく。

続きを読む

卵巣がん原因はこれだった!?

卵巣がんは女性であれば、誰しも罹患する可能性を持っている。
「私は大丈夫。」ということは決してないのだ。

卵巣がんは自覚症状が分かりづらいために、発見時にはかなりの進行状態で見つかるケースが非常に多い。

続きを読む

卵巣がんの症状は見落としがち

「最近、食欲はあるのに食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう」「最近、トイレが近い・・・」 こんな見逃してしまいがちな症状でも、気付いたら受診するべきだろう。

そのまま見逃してしまったり、気付いても重い病気が隠されているとは知らずに過ごしている間に、がんはどんどんと進行し拡がってしまう。

続きを読む

卵巣がん検査はどんな検査?

「手術してみないと、がんかどうかわかりません。」
卵巣がんは良性腫瘍との判別が難しく、医師からこう言われることもある。

切除しがんと診断され治癒しても、ステージが高ければ数年以内の再発率が非常に高く、転移の可能性も同時に考慮される。

続きを読む

卵巣がん最新治療は

卵巣がん治療の基本は手術だ。しかし、初期症状は無症状が多く、気付いた頃には転移や末期だったというケースも少なくない。

さらには、卵巣がんのタイプによっては進行スピードも早く、化学療法でもがんを抑えることが出来ないこともあり、開腹手術を行ったとしても、場合によってはほぼ切除できないまま閉じてしまうケースもあるのだ。

 

続きを読む

卵巣癌の治療法と生存率について

卵巣癌ステージ1の5年の生存率は90%と高いですが、ステージ4の生存率は10%前後と低い。また無症状であるが故に、ステージ3以上で発見されることが多い。その場合は、一度治癒しても数年以内に、再発・転移する可能性が高いといわれています。

 

続きを読む

卵巣癌が進行していると再発の可能性が高い

卵巣癌はステージ3期以降は、5年以内に約70%ほどの高い確率で再発すると言われています。

「手術したのに再発した」「検査した時は転移はなかったのに、次の検査では転移していた」など、いつの間にか再発・転移が起こりやすいのが卵巣癌です。

 

続きを読む

膀胱癌の症状と原因はこれ

膀胱癌は女性に比べて男性に多く、50歳以降に発症しやすいといわれています。また、その中でも喫煙者は非喫煙者に比べて2〜10倍もの発症率とされています。主な症状としては、血尿、排尿痛、腹痛、むくみがあげられます。

血尿であれば、痛みを伴わないことが特徴で、膀胱癌患者のおよそ70%が血尿から診断されています。

続きを読む