不妊治療の助成金額と申請の流れ

人工授精や体外受精・顕微授精など、費用が高額にも関わらず健康保険が適用されない。
夫婦の経済的な負担を和らげるため、各自治体が費用の何割かを助成してくれるのが「特定不妊治療助成金制度」である。

続きを読む

不妊治療すると双子が出来やすいの?

不妊治療をした場合、自然妊娠と比べて双子が生まれる可能性が高くなる。これは、体外受精をする時に「妊娠率を上げる」という目的で複数の胚を子宮に移植するためで、近頃では多胎妊娠を防ぐため1つの胚のみを移植する人が増えている。

続きを読む

クロミッド使用時の基礎体温測定方法

クロミッドを使う体温が上がる?

クロミッドはホルモン分泌をコントロールし、排卵を誘発させる薬だ。そのため、排卵を誘発するためのクロミッドを使うと、低温期のはずなのに急に体温が上がって驚く人が多い。

続きを読む

不妊に鍼灸が危険な理由

「鍼灸」とは、体の状態に合わせてごく細い針をツボに刺したり、もぐさを使ってツボに熱刺激を与えたりする治療法である。血流を良くしたり、気のバランスを整えたりすることで不調を改善し、健康な体へと導いてくれる。

続きを読む

不妊治療の基礎 検査から治療の流れ

特に避妊をしているわけでもないのに2年以上子供ができない場合、不妊症を疑ってもよいかも知れない。

一般的な不妊症の定義は、「定期的な性生活を送り、特に避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」の状態を指す。

続きを読む

妊娠力を高める自己不妊解消法

仕事が忙しいこともあり、妊娠や出産に興味を持つまであまり自分の体に関心を払わない人は多い。
そして、過度の飲酒やストレス、喫煙、夜更かし、インスタントの食事、運動不足などによって知らない間に生殖機能が低下し、いつの間にか不妊体質となってしまうのだ。

続きを読む

基礎体温表の間違った使用例

妊娠したい女性の多くが利用している基礎体温表。毎朝体温を計測して記録する、そうすることで妊娠に必要な排卵やホルモンの状態を把握できるメリットがある。

しかし、この基礎体温表には落とし穴も存在する。

 

多くは女性が勘違いする排卵日の予測

一般的に基礎体温が一番下がった日が排卵日と言われる。これは排卵日を堺にして高温期に入るからだ。しかし、基礎体温が一番下がったからといってもここから高温期に入らないのであれば、その日は排卵日ではない。

基礎体温が一番下がっ

義務的になる不自然なセックス

排卵日を狙って短期戦のようなセックスをしてもそう簡単に妊娠できるわけではない。

セックスをする日を決めて行うことは不自然なこと、これが長く続くとセックスに対する感覚が変わり、排卵日以外のセックスが無駄に思えてきてしまう。

このようになる前に、環境を変えパートナーと満足できるストレスのないセックスに戻す必要がある。

無理にストレスが溜まるようなセックスは、妊娠への道のりをさらに遠ざけてしまう。ストレスは出来る限り避けるようにしよう。

基礎体温だけの排卵日予測を行わない

妊娠を望む女性は、より正確な排卵日を知る必要がある。

基礎体温だけでなくおりものの状態や市販の排卵検査薬など、複数を組み合わせることでより正確な排卵日を知ることが可能だ。また、過去の生理日を入力するだけで排卵日を計算するサイトもある。

 

た日より少し体温が高い場合でも、その日を境にして高温期に入るのであればその日が排卵日になる。

妊娠しやすいカラダづくりも

排卵日の把握も必要であるが、少しでも妊娠しやすい体質にするために、生活習慣を見直すことも大切だ。質の良い卵子や精子を作るためには規則正しい生活が欠かせない。

規則正しい生活・バランスの良い食事

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子や精子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

ミトコンドリアの活性化

卵子や精子を活性化させたあと、ミトコンドリアはエネルギーが不足する。このエネルギーを補給しなければミトコンドリアは弱まり壊れてしまう。

そうなると、精子や卵子もまともに機能しなくなるため、このエネルギーを補給する「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂るのもおすすめだ。

高プロラクチン血症による不妊の改善方法

高プロラクチン血症とは、プロラクチンとは脳下垂体から放出される刺激ホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働く。

また、このプロラクチンは授乳期に次の妊娠を抑えるため、排卵を抑制する働きもある。このため、授乳期以外でこのプロラクチン値が高いと高プロラクチンとなり不妊や生理不順の原因になることもあるのだ。

続きを読む