肺がんのステージについて

肺がんのステージ(病期分類)はがんの進行度合いによって4段階のステージに分けられ、このステージが進行していくほど治療は困難になってくる。

また、ステージに併せて重要になる指標に、治療によってどれくらいの割合で治癒が見込めるかを示す5年相対生存率がある。
100%に近いほど治癒が見込め、0%に近いほど治療が難しいがんであることを意味する。

続きを読む

肺腺がんは非喫煙者でも発症する?

肺がんは大きく非小細胞肺がんと小細胞肺がんに分けられる。その中でも特に非小細胞がんの肺腺がんは肺の末梢に好発し、近年では特に非喫煙者の女性において増加している。

この肺腺がん、がんが小さい間は症状はなく早期発見が困難だ。そのため、症状が現れてから見つかった場合、ほとんどが手術不適応なまで進行しているケースが非常に多い。

続きを読む

「ためしてガッテン」紹介99%の大腸がん発見法

NHK「ためしてガッテン!」でも紹介された、痛くない!辛くない!99%の大腸がん発見法。

内視鏡検査をしていたのにある日突然大腸がんが見つかったと聞くことは珍しくない。そんな暗黙のがん、大腸がんに99%発見する最新の大腸がん検査が開発されているのだ。

続きを読む

大腸がん肝転移の最新治療情報

大腸にできたがんが粘膜内にとどまっている早期がんの場合は、内視鏡手術でほぼ100%治すことが可能だ。

しかし、ステージ3から4の進行した大腸がんの場合になると肝転移は20〜30%と高い確率で起こしやすく、術後においては、約7%に肝臓の再発が起こっている。そのため、トータル的な治療が望まれる。

続きを読む

大腸癌の末期ステージ4の生存率は?

大腸癌の末期ステージ4は、腹膜、肺、肝臓や骨への転移がすでにある状態のことを一般的にいいます。

ステージ4の生存率での標準治療は18.8%ですが、以下にこの18.8%の生存中に入るのでしょうか。転移した各患部の治療は対処療法となりますが、いかに癌の進行速度を下げるかが生存率の向上に関わってきます。

続きを読む

大腸がんの期待できる治療は

大腸がんの治療法で最も有効なものは、外科療法だ。切除法は、進行度・発症場所によって異なる。場合によっては、化学療法や放射線療法が選択されることもある。

また、適切な治療を施した早期がんでは100%が治癒すると言われ、より深く浸潤している進行がんの場合では約90%の確率で肝転移を起こし、非常に治療困難な状況となり予後までも芳しくないと言える。

続きを読む

大腸がん術後の食事のレシピ

食べ物の消化や吸収に欠かせない大腸がんの術後は、どのような食事をとれば良いだろうか?

一般的に「食事制限はない」とされてはいるが、術後の大腸は、軟便・下痢・便秘・癒着による腸閉塞などを起こしやすい状態だ。

続きを読む

直腸癌の転移・再発は肝臓と肺に注意

直腸癌は肝臓に転移しやすいといいます。
直腸癌の患者の約11%が肝臓への転移が認められ、そのうち、術後約7%が肝臓の再発がみられると言われています。

仮に、転移した癌も含めて全切除できれば、約40%の人は治る可能性があるため、早めの処置が必要になるでしょう。

続きを読む

末期を知らせる直腸がん症状

一般的に直腸がんの末期とは、『がんが他の臓器に転移していて、手術など積極的な治療ができない状態』を指す。

末期の状態でおこなう治療としては、抗がん剤を中心とする全身療法が選択される。

続きを読む

直腸がんの原因・治療・予防

一般的に直腸がんが近年増加しているデータからも頷けるように、主な原因として、高齢化と食習慣があげられる。

特に、食の欧米化によって動物性脂肪の摂取量が一気に増えた事が、直腸がん増加原因の重要な因子だと考えられている。

続きを読む