腫瘍マーカー検査と数値

腫瘍マーカーは、血液検査によってがんの存在を推測する検査だ。この検査は、がんによってつくられた特殊な物質に反応し、簡単に調べることができる。
しかし100%の精度はなく、がん以外の病気でも反応することがある。だが、日々医療の世界は日進月歩進化し続けており、新しい腫瘍マーカーも発見され検査内容は進歩しつつある。

続きを読む

がんの治療実績の多い名医は現実的?

がんと診断された場合、病院・医師選びに頭を悩ませる方が多いのではないだろうか。

病院には小さな診療所から大学病院、がんに特化した専門外来などがある。私たちはその中から、自分に合う病院を探すことになるが、できれば腕のいい名医に出会いたいのが本心ではなかろうか。

続きを読む

がん免疫療法はどうなのか?

がんの標準治療は「手術療法」「化学療法」「放射線療法」の三大療法があるが、近年では免疫療法を併用した治療も広がりつつあるという。

免疫療法は、ヒトの免疫機能を利用しているため、副作用はほとんど起こらないメリットがある。

続きを読む

消化管ストーマと尿が排泄される尿路ストーマ

ストーマとは、手術により腹壁に新しく作られた便や尿の排泄の出口のことをいう。何か特別な機械を使うのではなく、腸や尿管を直接、腹の外に出し、便や尿の新しい排泄の管理ができるのだ。

ストーマには直腸のような便を貯める働きはなく、便を出す働きのみになる。

続きを読む

抗がん剤-シスプラチン副作用など

シスプラチン(ランダ)は、プラチナ化合物が成分の抗がん剤で、多剤との併用により、ほとんどのがんに使用することができる。

この抗がん剤は、がん細胞のDNAをつなげ、すなわち架橋することで細胞分裂を妨げ、がん細胞を死滅させるのだ。

続きを読む

肺がんで受けるべき検査

肺がんの検査は目的によって大きく3つの種類に分けることができる。1つ目は肺に異常がないかを調べる健康診断。

2つ目は何らかの異常が見つかった場合にがんかどうかを確かめる確定診断。そして3つ目は実際の治療方針の決定と治療の効果を測定するための検査だ

続きを読む

肺がん治療-個別化治療

これまで画一的だった肺がん治療に変化が起きている。肺がんの標準治療では可能な限り手術で完全にがんを取り去ることを第一に目指す。現在も変わらず今後も変わることのないであろう最も有効とされる治療法だ。

続きを読む

末期肺がんと向き合う

肺がん末期。このような表現を用いるべきではない。再発や他臓器に転移のある、病期分類でいうところの肺がんステージ4を指しているのであろう。

ステージ4ではなす術がないとでもいうのだろうか。

続きを読む