千代の富士の膵臓がんとは?

元横綱千代の富士の九重親方が膵臓でがんで死去-61歳

「小さな大横綱」と称された元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、東京都内で死去しました。

昨年9月、早期の膵臓(すいぞう)がん手術を受けていたことを明かしており、内臓疾患を理由に7月の名古屋場所を休場。6月中旬から下旬にかけての時期に手術を受けたとみられ、約1カ月の入院治療の後、7月下旬に退院したといいます。

続きを読む

スキルス胃がんの治療法は?

スキルス胃がんは胃がん全体の約10%を占め、予後不良がんの代名詞で「タチの悪い胃がん」として知られている。

胃がんの中でも悪性度が高く、他の胃がんと比べて進行が非常に早い。これまでの治療成績においては、手術で全切除できたとしても5年生存率は10~20%ほどしかないのだ。

続きを読む

スキルス胃がんは転移が早い

スキルス胃がんは転移が早く、特にがん細胞が腹膜に撒き散らしたような状態になる「腹膜播種」を起こしていることが多い。発見された時点で約60%の人が腹膜播種や広範囲のリンパ節転移が見られる。

続きを読む

末期のスキルス胃がん治療の余地は?

末期とは、「治療することで命に関わる、または手の施しようがない状態」を指し、治療の余地がまだある場合はステージ4となる。

さらに、スキルス胃がんの進行速度は異常に早く、1〜2年で末期まで進行することは珍しくないため、スキルス胃がんの5年生存率は約10~20%程しかない。

続きを読む

スキルス胃がんの原因は遺伝?

スキルス胃がんはピロリ菌との関連性は無く、不規則な生活、喫煙、飲酒、ストレスなどが主な原因だと考えられている。

また、世界的に見て日本人はスキルス胃がんになりやすいと言われ、最近では、遺伝的要因も示唆されている。

続きを読む

スキルス胃癌の初期症状から末期

胃癌の全体の約10%がスキルス胃癌であり、30代から50代の女性に多いと言われています。そのスキルス胃癌は、悪性度が高く発見が非常に困難で、進行が早いく、転移しやすい、予後不良が揃っているため治療の実績も良くありません。

続きを読む

スキルス胃がんの検査方法

悪性度の高いスキルス胃がんであっても、早期発見できればすぐに治療目的の手術を行える上に、術後の回復も速く再発防止なども可能だ。

非常に見つけることが困難なスキルス胃がんは、年1回検査を受けていても見逃す場合もあるため「まだ若い」「忙しいから」といって検査を怠らないようにすべきだろう。

続きを読む

進行胃がんの定義と特徴

胃がんは、粘膜層→粘膜筋板→粘膜下層というように、内側から外側に深く浸潤していくのだが、がんの深さが粘膜下層までのものを「早期胃がん」、粘膜下層を越えて固有筋層からさらに深く浸潤・進行しているものを「進行胃がん」と分類される。

続きを読む

すい臓がんの検査のポイント

すい臓がんはスクリーニング検査が困難であるため、厚生労働省の指定する「がん検診」には含まれていない。

そのため、人間ドック・内科や消化器科などで個人的に受けることになる。その際は、血液検査から行われ必要に応じて画像検査が選択されることが一般的だ。

続きを読む

前立線がんの特徴と転移について

前立腺がんの再発には、治療を行い正常化した血中PSA値が再び上昇してきた「PSA再発」と、治療後に局所再発や遠隔転移が新たに発見された時などを「臨床的再発」と呼び、2つの再発がある。

続きを読む