自己免疫疾患

クローン病(cd)のおもな症状とは?

原因が不明の難病「クローン病」

日本では認知度が低い病気ですが、実際にクローン病とはどのような症状が出るのでしょうか。

 

クローン病とは、消化器官すべての範囲で炎症と潰瘍ができる病気です。

続きを読む

潰瘍性大腸炎、食べていいもの悪いもの

症状が出ていない緩解期は、無茶な暴飲暴食をしないように気を付けていればあまり厳しく食事制限をする必要はないと言われています。

 

しかし、再熱期は体内で炎症を起こしている状態ですので、摂取するものにも細かく気を配る必要があります。

ですが、制限をし過ぎるとかえってストレスになってしまい、腸へ悪い影響を及ぼしてしまう恐れがあるので精神的な安定・体調を見ながらの食事療法を行いましょう。

続きを読む

潰瘍性大腸炎を悪化・再燃させない日常生活とは?

潰瘍性大腸炎の症状を悪化させない、または再燃させないためには、日常の生活にも気をつけなければなりません。

潰瘍性大腸炎はまだはっきりとは原因が特定されていない難病ですが、日常生活に関連するものとして、過労やストレスなど環境因子による影響が指摘されています。

続きを読む

便潜血が陽性となる疾患とは?

便潜血検査の概要

そもそも便潜血(FOB)とは、 基本的に、便に血が潜んでいる状態を言います。

 

以前までは化学法と呼ばれる方法で検査をしていましたが、食事に含まれるヘモグロビンや野菜などのヘム類似化合物とも反応するため、食事制限がありました。

続きを読む

知っておかないと怖い、潰瘍性大腸炎の合併症

潰瘍性大腸炎は下痢や腹痛、粘血便などが主な症状となっていますが、その他にも発熱や嘔吐など全身の症状が起こる場合もあります。

更に、潰瘍性大腸炎は合併症も起こしやすく、症状に合った診療科目で しっかりと検査・治療を行わないと命に関わる場合もあるため注意が必要です。

続きを読む

潰瘍性大腸炎の重症度は、重症(劇症)、中等症、軽症に分類され、重症度を決める診断基準は、臨床的に以下の分類になります。

続きを読む

潰瘍性大腸炎を疑う症状とは?

潰瘍性大腸炎は、自己免疫疾患といって自分の免疫が異物と勘違いして自分の腸の壁を攻撃し、結果、大腸の粘膜の炎症が一面に広がり、びらん(ただれ)や潰瘍ができてくる慢性の病気です。

続きを読む

潰瘍性大腸炎は完治する?

潰瘍性大腸炎の治療で完治したと言うのはなかなか難しいと言われています。

治ったかと思って治療を終了すると、しばらくたつとまた再発したりするので、いつ完治したと言いにくい病気です。

続きを読む