肺がん

小細胞肺癌のステージ1からステージ4の治療法

小細胞肺癌は、肺がんの約15%を占めていると言われている。他のがん細胞と比べてその細胞が小さい為、そのような名前が付けられた肺がんの一種だ。がん細胞は小さいものの、腫瘍の発育や転移は非常に速く、小細胞肺癌は肺がんの中でも悪性度が高いがんである。

そんな小細胞肺癌、どのような治療が効果的で、生存率はどのくらいなのだろうか。 

続きを読む

小細胞肺癌の症状から治療・再発まで

小細胞肺がんは、肺がん全体の15から20%を占め、特徴として患者が喫煙者であることが多くあります。

また、性別では男性と女性が5:1と男性が圧倒的に男性が多いのも特徴です。そして、増殖の仕方や進展の形態によって「小細胞がん(燕麦細胞がん)」「混合型小細胞がん」の2種類に分けられます。

続きを読む

肺腺癌とは?肺腺癌の症状から治療法・生存率まで

肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めているといわれているタイプで、日本において最も発生頻度が高いものとなっています。ここ最近では、2017年05月18日に歌舞伎俳優の中村獅童さんが初期の肺腺がん、2017年、8月3日にはET-KINGのリーダーいときんさんがステージ4と公表であることを発表しました。

発生率は男性より女性の方が高く、年々増加傾向にあります。発生率をみてみると、男性の肺がんの場合は約40%、女性の場合は約70%となっています。

続きを読む

肺がんで受けるべき検査

肺がんの検査は目的によって大きく3つの種類に分けることができる。1つ目は肺に異常がないかを調べる健康診断。

2つ目は何らかの異常が見つかった場合にがんかどうかを確かめる確定診断。そして3つ目は実際の治療方針の決定と治療の効果を測定するための検査だ

続きを読む

肺がん治療-個別化治療

これまで画一的だった肺がん治療に変化が起きている。肺がんの標準治療では可能な限り手術で完全にがんを取り去ることを第一に目指す。現在も変わらず今後も変わることのないであろう最も有効とされる治療法だ。

続きを読む

末期肺がんと向き合う

肺がん末期。このような表現を用いるべきではない。再発や他臓器に転移のある、病期分類でいうところの肺がんステージ4を指しているのであろう。

ステージ4ではなす術がないとでもいうのだろうか。

続きを読む

肺がんのステージについて

肺がんのステージ(病期分類)はがんの進行度合いによって4段階のステージに分けられ、このステージが進行していくほど治療は困難になってくる。

また、ステージに併せて重要になる指標に、治療によってどれくらいの割合で治癒が見込めるかを示す5年相対生存率がある。
100%に近いほど治癒が見込め、0%に近いほど治療が難しいがんであることを意味する。

続きを読む

肺腺がんは非喫煙者でも発症する?

肺がんは大きく非小細胞肺がんと小細胞肺がんに分けられる。その中でも特に非小細胞がんの肺腺がんは肺の末梢に好発し、近年では特に非喫煙者の女性において増加している。

この肺腺がん、がんが小さい間は症状はなく早期発見が困難だ。そのため、症状が現れてから見つかった場合、ほとんどが手術不適応なまで進行しているケースが非常に多い。

続きを読む