肝臓がん

肝臓がんとは?原因・症状・治療・生存率について

肝臓がんの種類は、大きく分けて2種類あります。はじめから肝臓にできる原発性肝臓がんと、他の臓器から転移して起こる転移性肝臓がんです。原発性肝がんの場合は、肝臓を構成している細胞で分けて、「肝細胞がん」と「胆管がん(胆管細胞がん)」に分けられます。

続きを読む

肝臓がんの原因や生存率は?

人体の働きを支える化学工場ともいわれる肝臓。その働きは、取り入れた栄養分を体に必要な成分に変換、一方有害物質は解毒・排出するという体内の循環を円滑に行う、非常に重要な働きを持つ臓器である。

続きを読む