治療

2016年の最新の癌治療は?

癌の三大療法は「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」です。
これまで「癌治療=手術療法」が中心でしたが、近年では、化学療法や放射線療法の研究が進化したことによって、手術とほぼ同等な効果を得られています。

続きを読む

腹膜播種の症状や原因・治療方法は?

腹膜播種は生存率が低い疾患と言われています。もちろん、適切な治療を行わなければ、腸閉塞や閉塞性黄疸など合併症をきたし今後の生存率にも影響しますが、適切な治療を行えば長期にわたる生存率もあります。

続きを読む

癌のえさを応用した検査

がん細胞の唯一の栄養源はブドウ糖で、ブドウ糖が供給されないとがん細胞は生きていけません。

ブトウを摂取すると、がん細胞はそれをエサとして成長して増えていきますが、ブトウ糖の供給が途絶えると、消失や縮小したりします。

が、正常細胞は、ブドウ糖の他、脂肪酸やケトン体も栄養源にしています。

続きを読む

子宮体がん検査は痛い?検査内容の注意点

子宮体がんは、病状が進行していない早期の段階で出血を来すことが多く、不正出血での発見が約90%と言われている。

もし、子宮体がんを発症してそのまま放置した場合、命に関わるほどのタチの悪いがん種へと変貌してしまうため、定期検査を受けることをお勧めする。

続きを読む

小野薬品オプジーボ併用で副作用死亡も

肺がんなどの治療に使われる新しい免疫治療薬「オプジーボ」について、製造販売する「小野薬品工業」(大阪市)は19日、自由診療の免疫療法と併用した患者で6人に重い副作用があり、うち60歳代の男性1人が死亡したと発表しました。

続きを読む

遺伝?タバコ?がんの原因は?

がんの発症は、さまざまな要因が絡み合って起こっている。しかもその要因は、着々と私たちの遺伝子に影響を与えているのだ。

代表的な原因であげられるものとして、喫煙・飲酒。他にも、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染などがある。

続きを読む

抗がん剤の種類と副作用

がん標準治療の一種である化学療法で、その中核を担うのが抗がん剤治療だ。

抗がん剤の多くはDNAに働きかけることでがん細胞を死滅させる作用がある。特に全身に広がる微細ながん細胞などは手術での切除が困難な為、現在のがん治療において幅広く活用されている。

続きを読む

高濃度ビタミンc点滴の効果と副作用

高濃度ビタミンCは「天然の抗がん剤」として代替医療分野で注目されている免疫療法の一種だ。研究面でもアメリカ国立健康研究所の認可を得て、高濃度ビタミンC点滴療法について臨床研究が予定され、韓国では白血病に対する臨床がスタートしている。

続きを読む