治療

喉頭がんとは?原因・症状・治療・生存率について

喉仏を中心としてできるがんで、頭頸部に発症するがん種では最も多いと言われています。
喉頭がんは大きく3つに分けられ、声帯部位にできるがんを声門がん、声帯より上にできるがんを声門上がん、声帯より下にできるがんを声門下がんとして分類されています。

続きを読む

胸腺がんとは?原因・症状・治療・生存率について

胸腺は、心臓の上前、肋骨の裏側にある握りこぶしほどの臓器です。
幼児〜小児期にかけて免疫を担う重要な臓器ですが、成長とともに徐々に退化して最終的には脂肪組織となります。胸腺がんはこの胸腺細胞から発症するがんで2つに分けられます。

続きを読む

悪性骨腫瘍とは?原因・症状・治療・生存率について

骨そのものから発生する「原発性悪性骨腫瘍」と、肺がんや乳がん、前立腺がんなど様々な原発がんが骨に転移した「転移性骨腫瘍」の2種類に大きく分類されます。

肺、胃、腸などの上皮組織のがんに対し、間葉系組織由来の骨(手足の骨や骨盤、背骨など)から発生した腫瘍を「原発性悪性骨腫瘍」と呼び、様々な種類があります。転移性骨腫瘍は基本的に原発がんの治療法に従って行われます。

続きを読む

腎臓がんとは?原因・治療・生存率について

ほとんどが尿を作る腎実質から発生します。これを腎細胞がんと呼び、腎臓がんの90%を占めています。組織学的には腺がんとなります。
残りの10%は腎細胞がんと尿の通路になる腎盂に発生するがんで腎盂がんと呼びます。

続きを読む

乳癌ステージ4の治療法と抗がん剤、生存率

乳癌のステージ4にあたる浸潤がんは乳腺や乳房で発生したがん細胞が血流やリンパの流れに乗って、離れたところで病巣をつくったもので、乳がんの場合は肺や骨、皮膚や胸壁、肝臓や脳などに遠隔転移している状態です。

続きを読む