悪性黒色腫

転移性の悪性黒色腫(メラノーマ)に「ニボルマブ」、イピリムマブの組み合わせも有効

治療歴のない転移性黒色腫の場合、「ニボルマブ(一般名、商品名はオプジーボ)」のみ、または「ニボルマブ」と「イピリムマブ(一般名)」を組み合わせて治療を行うと転移のない生存が長いことが分かった。

英ロイヤル・マースデン病院のジェームス・ラーキン氏らの研究グループが、有力医学誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌において2015年5月31日に報告している。

続きを読む

一度のひどい日焼け「悪性黒色腫(メラノーマ)のリスクは50%高まる」

わずか一度の、水ぶくれができるようなひどい日焼けで、悪性黒色腫のリスクは50%ほど高まるようだ。

ひどい日焼けが5回あるとリスクが高まる程度は80%に増える。

米国のコロラド大学がんセンターが、同センターの医師でコロラド悪性黒色腫基金の会長で医師のニール・ボックス氏の談話をまとめて、2015年7月27日に紹介している。

続きを読む

ほくろのがん悪性黒色腫(メラノーマ)に新薬登場か

「ほくろのがん」とも言われる悪性黒色腫(メラノーマ)は厄介ながんの代表。最近、「BRAF阻害薬」「MEK阻害薬」という分子標的薬に加えて、「免疫療法」を組み合わせる3種類の薬が登場、世界的に徐々に利用可能になってきている。治療効果についても証明されており、副作用も軽くなっていると分かった。日本でも発売に向けた動きがあり、注目される。

続きを読む