骨そのものから発生する「原発性悪性骨腫瘍」と、肺がんや乳がん、前立腺がんなど様々な原発がんが骨に転移した「転移性骨腫瘍」の2種類に大きく分類されます。

肺、胃、腸などの上皮組織のがんに対し、間葉系組織由来の骨(手足の骨や骨盤、背骨など)から発生した腫瘍を「原発性悪性骨腫瘍」と呼び、様々な種類があります。転移性骨腫瘍は基本的に原発がんの治療法に従って行われます。

続きを読む