子宮頸がん

子宮頸がん検査や初期症状・生存率など

子宮体がんと子宮頸がんに分かれており、子宮体がんは子宮内膜がんともよばれ、子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。

子宮体がんは胎児を育てる子宮体内部の内側にある子宮内膜から発生し、子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいといわれています。

続きを読む