大腸がん

大腸がん肝転移の最新治療情報

大腸にできたがんが粘膜内にとどまっている早期がんの場合は、内視鏡手術でほぼ100%治すことが可能だ。

しかし、ステージ3から4の進行した大腸がんの場合になると肝転移は20〜30%と高い確率で起こしやすく、術後においては、約7%に肝臓の再発が起こっている。そのため、トータル的な治療が望まれる。

続きを読む

大腸癌の末期ステージ4の生存率は?

大腸癌の末期ステージ4は、腹膜、肺、肝臓や骨への転移がすでにある状態のことを一般的にいいます。

ステージ4の生存率での標準治療は18.8%ですが、以下にこの18.8%の生存中に入るのでしょうか。転移した各患部の治療は対処療法となりますが、いかに癌の進行速度を下げるかが生存率の向上に関わってきます。

続きを読む

大腸がんの期待できる治療は

大腸がんの治療法で最も有効なものは、外科療法だ。切除法は、進行度・発症場所によって異なる。場合によっては、化学療法や放射線療法が選択されることもある。

また、適切な治療を施した早期がんでは100%が治癒すると言われ、より深く浸潤している進行がんの場合では約90%の確率で肝転移を起こし、非常に治療困難な状況となり予後までも芳しくないと言える。

続きを読む

大腸がん術後の食事のレシピ

食べ物の消化や吸収に欠かせない大腸がんの術後は、どのような食事をとれば良いだろうか?

一般的に「食事制限はない」とされてはいるが、術後の大腸は、軟便・下痢・便秘・癒着による腸閉塞などを起こしやすい状態だ。

続きを読む

直腸癌の転移・再発は肝臓と肺に注意

直腸癌は肝臓に転移しやすいといいます。
直腸癌の患者の約11%が肝臓への転移が認められ、そのうち、術後約7%が肝臓の再発がみられると言われています。

仮に、転移した癌も含めて全切除できれば、約40%の人は治る可能性があるため、早めの処置が必要になるでしょう。

続きを読む

末期を知らせる直腸がん症状

一般的に直腸がんの末期とは、『がんが他の臓器に転移していて、手術など積極的な治療ができない状態』を指す。

末期の状態でおこなう治療としては、抗がん剤を中心とする全身療法が選択される。

続きを読む

直腸がんの原因・治療・予防

一般的に直腸がんが近年増加しているデータからも頷けるように、主な原因として、高齢化と食習慣があげられる。

特に、食の欧米化によって動物性脂肪の摂取量が一気に増えた事が、直腸がん増加原因の重要な因子だと考えられている。

続きを読む

直腸がんの治療と生存率

直腸がんなどのがん細胞は、多くの栄養とエネルギーを正常細胞から奪いながら際限なく成長する。
さらに、がん細胞はリンパ管や血管にわたって他の臓器へ移動し、簡単に増殖する能力も持っており、がんの成長過程で正常細胞を壊死させる物質を放出することで、臓器の機能や体力・免疫力を奪う。

続きを読む

直腸がんの症状は身近なところに

初期の直腸がんでは症状を感じない場合が多い。そして、症状を感じはじめた頃にはすでにがんが進行している可能性が高いのだが、直腸がんの進行スピードは遅く、同じ消化器系の胃がんに比べても10分の1ほどである。

続きを読む

身近なところにある大腸がん原因

欧米を中心に発症していた大腸がん。最近の日本人は、アメリカの日系移民および欧米白人と同率の罹患率になりつつある。特に女性は、がんの死亡率において大腸がんが第1位となっている。

大腸がんは、大腸粘膜の細胞が何らかの原因によりがん化し、大腸壁に深く広がって進行していく。

続きを読む