卵巣がん

「卵巣癌」2種の薬による新しい治療アプローチ

抗がん剤に、血管新生を防ぐ薬を併用する新しい治療アプローチにより、進行ステージの卵巣がんの縮小と生存の延長に成功した。まだネズミの実験で証明された段階だが、今後新しい治療法の開発につながりそうだ。カナダのゲルフ大学を中心とした研究グループが、生物学の国際誌FASEB誌2015年2月号で報告したものだ。

続きを読む

卵巣がん原因はこれだった!?

卵巣がんは女性であれば、誰しも罹患する可能性を持っている。
「私は大丈夫。」ということは決してないのだ。

卵巣がんは自覚症状が分かりづらいために、発見時にはかなりの進行状態で見つかるケースが非常に多い。

続きを読む

卵巣がんの症状は見落としがち

「最近、食欲はあるのに食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう」「最近、トイレが近い・・・」 こんな見逃してしまいがちな症状でも、気付いたら受診するべきだろう。

そのまま見逃してしまったり、気付いても重い病気が隠されているとは知らずに過ごしている間に、がんはどんどんと進行し拡がってしまう。

続きを読む

卵巣がん検査はどんな検査?

「手術してみないと、がんかどうかわかりません。」
卵巣がんは良性腫瘍との判別が難しく、医師からこう言われることもある。

切除しがんと診断され治癒しても、ステージが高ければ数年以内の再発率が非常に高く、転移の可能性も同時に考慮される。

続きを読む

卵巣がん最新治療は

卵巣がん治療の基本は手術だ。しかし、初期症状は無症状が多く、気付いた頃には転移や末期だったというケースも少なくない。

さらには、卵巣がんのタイプによっては進行スピードも早く、化学療法でもがんを抑えることが出来ないこともあり、開腹手術を行ったとしても、場合によってはほぼ切除できないまま閉じてしまうケースもあるのだ。

 

続きを読む

卵巣癌の治療法と生存率について

卵巣癌ステージ1の5年の生存率は90%と高いですが、ステージ4の生存率は10%前後と低い。また無症状であるが故に、ステージ3以上で発見されることが多い。その場合は、一度治癒しても数年以内に、再発・転移する可能性が高いといわれています。

 

続きを読む

卵巣癌が進行していると再発の可能性が高い

卵巣癌はステージ3期以降は、5年以内に約70%ほどの高い確率で再発すると言われています。

「手術したのに再発した」「検査した時は転移はなかったのに、次の検査では転移していた」など、いつの間にか再発・転移が起こりやすいのが卵巣癌です。

 

続きを読む