予防

糖尿病だとがんの死亡率が高くなるのか?

糖尿病になっていると、がんになった場合に、糖尿病ではない患者に比べて死亡率が非常に高いことが知られている。その理由の一端は、薬の飲み方にあるのかもしれない。オランダの研究グループが、糖尿病に関する専門誌ダイアベトロジア誌のオンライン版で 2015年2月1日に報告した。

続きを読む

ほくろのがん悪性黒色腫(メラノーマ)に新薬登場か

「ほくろのがん」とも言われる悪性黒色腫(メラノーマ)は厄介ながんの代表。最近、「BRAF阻害薬」「MEK阻害薬」という分子標的薬に加えて、「免疫療法」を組み合わせる3種類の薬が登場、世界的に徐々に利用可能になってきている。治療効果についても証明されており、副作用も軽くなっていると分かった。日本でも発売に向けた動きがあり、注目される。

続きを読む

MIT報告-医療でのがん診断を正確に

将来的には、ビッグデータによってがんの診断をより正確にできるかもしれない。多数のがん症例のデータを入力したコンピュータを利用し、さまざまなタイプから正確、迅速に絞り込んでいけるようになるかもしれない。米国マサチューセッツ工科大学の研究グループが、米国医療情報学会機関誌で2015年4月23日に報告した。

続きを読む

乳癌の治療前に「VEGF-A検査」

乳がんに抗がん剤ベバシズマブ(一般名、商品名はアバスチン)を追加するか否か。その判断のために「VEGF-A検査」と呼ばれる検査は有効である可能性があると報告されている。

続きを読む

癌を撃退「GLV-1h68」腫瘍溶解ウイルス

がんの治療は手術や薬、放射線、レーザーとさまざまあるが、最近、その可能性が注目されているのがウイルスを使ってがんをいわば「溶かす」治療だ。海外では、悪性黒色腫をはじめとした治療で実用化に向けた動きが進んでいる。日本国内でも脳腫瘍に対する治療が検討されているところだ。

続きを読む

低レベル放射線でがんになりやすい人がいる?

弱い放射線でも確率的にがん化に関係する場合がある。弱い放射線でも影響を受けてがんになりやすい人を遺伝子から特定できるかもしれない。そんな検査につながり得るような研究結果が報告された。

米国のローレンス・バークレー国立研究所を含む研究グループが、科学国際誌であるサイエンス・レポート誌2015年3月9日号で報告した。

続きを読む

深酒で5種類のがんのリスクが高まる

深酒をすると5種類のがんのリスクが高まると分かった。米国カリフォルニア州のオークランド・メディカルセンターを中心とする研究グループは、その結果をパーマネンテ・ジャーナル誌オンライン版で2015年3月1日に報告した。

続きを読む