すい臓がん

膵臓がんの治療・原因・治療までを解説

膵臓がんは膵臓の細胞から発生する悪性の腫瘍で、90%以上は膵管細胞に癌ができる膵管がんになる。

早期では特徴的な症状はなく、膵臓が細長い形なため、検査でも見つけずらく発見が非常に困難です。そのため、他の癌に比べ、死亡率が高く、死亡者数も年々増加傾向にあります。

膵臓がんを発症した芸能人をあげると・・・

続きを読む

膵臓がんステージ別の治療法

膵臓がんの初期症状は、ほぼ無自覚で進行スピードも早いため、早期発見・治療が非常に困難だ。

また、膵臓自体は体の深部にあり小さい。そのため、がんが膵臓外に出やすく、周辺臓器・リンパ節などに転移・再発も起こしやすいく、見つかった時点ですでに進行がんの可能性が高い

続きを読む

膵臓癌新たな治療のターゲットを発見、「タンパク質リン酸化酵素D1」

膵臓の細胞に再プログラミングを起こし、がん化を誘導する原因となる重要な酵素が新たに1つ特定された。「タンパク質リン酸化酵素D1」と呼ばれるこの酵素は、新たな膵臓がん治療のターゲットとなりそうだ。米国のメイヨー・クリニック総合がんセンターを中心とした研究グループが、オンライン科学誌のネイチャー・コミュニケーションズ誌で2015年2月20日に報告した。

続きを読む

膵臓癌の治療に遺伝子利用

がんになった人の遺伝情報を全て調べて、その情報に基づいて最適な治療法を選ぶ「オーダーメード医療」。現実には、実行する上で難しい点も多いようだ。

オーストラリアのシドニー大学を中心とする研究グループが遺伝子の利用の運用について検証。課題を提示している。

続きを読む

膵臓癌を前段階で調べる方法

早期発見が難しく、死亡率が高い膵臓がん。がんになる前段階の組織を調べたところ、がんになりやすい組織では、6種類の「マイクロRNA」が減っていると分かった。米国Hリーモフィットがんセンターの研究グループが、国際的なオンライン科学誌プロスワン(PLoS One)誌で、2015年1月21日に報告したものだ。

続きを読む

膵臓がんの始まり?「S1P2」の減少が異常を招く

「細胞数が増え過ぎて、組織から細胞が押し出される」この仕組みの破綻が膵臓がんの始まりという新説が出ている。米国ユタ大学を含む研究グループが、生体医学/生命科学分野のオープンアクセス誌、イーライフ(eLife)のオンライン版で2015年1月26日に報告した。

続きを読む

膵臓がんタイプでより効果的な治療を

膵臓がんで最も多い「膵管腺がん」の大規模な遺伝子解析が行われ、染色体異常のパターンにより4つのタイプに分類された。さらに、タイプ別に効果がある抗がん剤の種類もプロファイリングできる可能性が示された。この4つのタイプは、今後膵臓がんの治療の改善に役立つかもしれない。オーストラリアと英国を中心とした共同研究グループが、有力科学誌ネイチャー誌で2015年2月26日に報告した。

続きを読む

千代の富士の膵臓がんとは?

元横綱千代の富士の九重親方が膵臓でがんで死去-61歳

「小さな大横綱」と称された元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、東京都内で死去しました。

昨年9月、早期の膵臓(すいぞう)がん手術を受けていたことを明かしており、内臓疾患を理由に7月の名古屋場所を休場。6月中旬から下旬にかけての時期に手術を受けたとみられ、約1カ月の入院治療の後、7月下旬に退院したといいます。

続きを読む