食道がんとは?原因・治療について

日本人の食道がんは、約半数が胸の中の食道中央付近から発生し、次いで1/4が食道の下部に発生します。食道がんは、食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。日本では、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。

欧米では、胃がんと同じ腺上皮から発生する腺がんが増加しており、現在では半数以上が腺がんです。腺がんのほとんどは、胃の近くの食道下部に発生します。



食道がんの主な原因

リスク要因としては、胃・食道逆流症や肥満、喫煙や飲酒などがあげられていますが、中でも、「喫煙と飲酒」は食道がんのリスクをより高くしているようです。

生活習慣の原因

■ 喫煙 : 喫煙は、非喫煙者と比較して罹患率が、約3倍になると言われています。
■ 飲酒 : 喫煙と飲酒のどちらか一つでも、がんの危険因子となりますが、両方の場合は、食道がんのリスクがより高めてしまいます。

病気の要因

■ 胃食道逆流症(逆流性食道炎) : 胃液が食道に何らかの原因で逆流し、食道の粘膜が胃酸によって炎症が起こる病気です。食道がんの腺がんの原因として考えられています。
■ バレット食道 : 食道の下部粘膜が、胃と似た粘膜に換わってしまっている状態を指します。バレット食道は腺がんの発生母地として考えられています。

食生活の原因

■ 刺激物 : 食道粘膜への刺激が多い、熱い飲食物、辛い食べ物、刺激の強い食べ物は、食道に負担を与えるため、発症リスクが上がります。
■ 薫製や焦げ : 肉や魚の焦げ、ベーコンやソーセージなどに含まれている「ニトロソアミン」が食道がんの原因の一つと言われています。

その他の要因

■ 年齢・性別 : 男性は女性の5倍ほど多く発症しており、40代後半〜70代の比較的高齢の方に多く発症しているようです。

食道がんの主な検査

内視鏡とCT検査が中心です。また、がん細胞の深度やリンパ節転移の状態を見るために超音波内視鏡検査を行うこともあります。X線検査は、放射線治療を行う際の部位確認にも利用されています。

■ 内視鏡検査

カメラを搭載した内視鏡を用い消化管粘膜を観察するため、見落とすような小さな初期がんも発見することが可能です。

また、通常の観察に加えヨウ素を散布して、正常細胞が茶褐色に染まるのに対し、がん細胞だけ染まらず抜けて白く見える特性を利用した検査も行えます。さらに検査時には、直接組織を採取し(生検)顕微鏡でがん細胞の有無を確認することが可能です。

■ X線検査

バリウムを飲み、食道を通過するところをX線で撮影します。がんの場所や大きさなどの全体像を確認することができ、放射線治療を行う際の部位確認にも利用されています。

■ 病理検査

内視鏡で採取した組織を、顕微鏡を使いがん細胞の有無や種類を調べる検査方法です。

食道がんの主な診断

■ CT・MRI検査

CT検査はX線を身体の外側から照射して、身体の断層を画像に表す検査方法です。MRI検査は身体に電磁波を作用させることで、身体の断層を画像に表す検査方法です。

■ エコー(超音波)検査

身体の表面に超音波をあて、臓器から返ってくる反射を画像に表す検査方法です。比較的に負担が少なく、がんの大きさや個数などを調べることができます。

■ PET検査(陽電子放射断層撮影検査)

全身の悪性腫瘍細胞を検出する検査で、他検査で転移・再発の診断ができない場合に行うことがあります。

■ 腫瘍マーカー

がんが存在することで、血液中に増える物質を腫瘍マーカーと呼びます。各数値により、がんの動態を把握するのに使われていますが、早期診断では完全ではありません。また、食道がんの腫瘍マーカーは、扁平上皮がんの場合SCCとCEA、線がんの場合CEAが利用されます。

SCC:症状と合わせて判断。食道がんが疑われる場合は、上部消化内視鏡検査にて診断。
CEA:CEAが高値である場合、X線造影、超音波、CTなどの精密検査も必要になります。

食道がんの主な治療方法

■ 内視鏡的切除術
最も負担の少ない治療法で、0〜1期の一部で適応となります。

■ 内視鏡的粘膜切除術
食道粘膜にとどまっているがん細胞を内視鏡で確認しながら、食道内側から切除する方法。

■ 内視鏡的粘膜下層剥離術
病巣下層部に薬剤を注入して浮かせ、病変周囲とともに一括して電気メスで慎重に切除する方法。

■ 切除手術
食道がんでは、切除手術が最も根治性が得られる治療法とされています。1〜3期の他臓器への浸潤がない場合に適応となります。

しかし、食道がんの切除手術は大がかりな手術が多く、肺炎や縫合不全などの合併症や、手術による死亡リスクが3〜5%あることにも注意しなければなりません。

■ 化学放射線療法
放射線治療の効果を高め、再発・転移の予防目的で、放射線治療と同時に抗がん剤治療を行います。1〜3期に適応となり、症状によっては切除手術と同等の効果の報告もあります。同時に抗がん剤治療を行う分、副作用が強くなるため、体力が十分でない場合は選択されない場合もあります。

■ 抗がん剤治療
1から4期の食道がんで行われています。事前にがんを小さくして、切除しやすくするための術前化学療法や、手術後の再発・転移を予防するための術後化学療法などがあります。4期では、抗がん剤治療・緩和ケアが中心となります。

 食道内挿管法

がんによる食道の狭窄のために、食事が通りにくい場合に行われます。シリコンゴムや金属の網でできたステントと呼ばれる筒を、食道内に入れて食べ物が通るようにしたり、内視鏡切除術を行うスペースを作り出します。