終末期ケアを行うホスピスとは?

ホスピスは主に末期がん患者に対し、終末期ケアを行う施設または在宅でのターミナルケアだが、標準治療との違いは延命をしない点が大きく異なる。実存的な苦痛などを取り除くことで、患者が自分らしく生きられる支援を重視し、診断期から終末期、遺族ケアに至る過程で行われるのだ。





ホスピスの目的

しかし中にはホスピスを希望するも、がんの進行が遅く養生するうちに、再び治療を希望する患者も少なくない。

ホスピスは、根治的な意味での放射線療法や抗がん剤投与はしないが、最期を待つだけの場所ではありません。

がんの痛みに対する治療を主体とし、さまざまな症状の緩和のために、点滴・酸素投与・胸水や腹水などの治療は積極的に行っています。

このような治療は、「最後の治療」という考え方が根強くあったが、がん治療がどのような段階であっても、患者の辛さを緩和させる目的のために必要だという認識に変わってきています。

がん治療の1つとして、抗がん剤や化学療法だけが治療ではなく、苦痛を取り除くことも重要な治療です。苦痛の治療を適切に行うことにより、再び積極的な治療を行いたいという患者が増えつつあります。

近年、緩和治療しかない困難ながんでも、様々な医療・研究の分野で新たな試みが行われその成果が現れつつあるという情報が上がってきている。それは、自由診療や未承認薬、サプリメントなど代替医療という形で発表されています。

小林麻央さんはホスピスなの?

小林麻央さんが入院した先がホスピスではないかと話題になっていますが、本人と家族が望めばホスピスに入ることができますが、ホスピスかどうかは噂でしかなく、ホスピスということは考えにくいでしょう。