悪性骨腫瘍とは?原因・症状・治療・生存率について

骨そのものから発生する「原発性悪性骨腫瘍」と、肺がんや乳がん、前立腺がんなど様々な原発がんが骨に転移した「転移性骨腫瘍」の2種類に大きく分類されます。

肺、胃、腸などの上皮組織のがんに対し、間葉系組織由来の骨(手足の骨や骨盤、背骨など)から発生した腫瘍を「原発性悪性骨腫瘍」と呼び、様々な種類があります。転移性骨腫瘍は基本的に原発がんの治療法に従って行われます。





【悪性腫瘍の種類】

骨肉腫 / 軟骨肉腫 / ユーイング肉腫 / 悪性線維性組織球腫 / 線維肉腫、血管肉腫 / 悪性軟部肉腫(悪性線維性組織球腫、脂肪肉腫、悪性末梢神経鞘腫瘍、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、滑膜肉腫)

悪性骨腫瘍の原因

原発性悪性骨腫瘍の多くは、原因がはっきりとわかっていません。しかし最近の研究では、がん抑制遺伝子に異常があった場合に、発症リスクが高まるということが分かってきています。

転移性骨腫瘍は、他の部位に発生した原発性の悪性細胞が主として血液やリンパの流れを介して骨(骨髄)に運ばれること(転移)によって起こります。

悪性骨腫瘍の症状

悪性骨腫瘍の症状腫瘍が発生した場所の痛み、腫れ、運動時の痛み など腫瘍が発生した場所の痛み、腫れ、運動時の痛みがあり、進行するにつれ安静時にも痛みが現れます。急速に進展するユーイング肉腫では発熱などの全身症状を伴うことがありますが、ほとんどの骨腫瘍は全身症状はみられません。

悪性骨腫瘍の検査・診断

詳細な診察の後、画像検査、血液検査をし、さらに病変部の組織を採り検査する病理検査により診断が確定します。
診察 / 画像検査 / 血液検査 / 病理検査

詳細な診察の後、画像検査、血液検査をし、さらに病変部の組織を採り検査する病理検査により診断が確定します。

◼︎ 診察

症状の出現時期から症状の変化について、また過去にどのような病気にかかったことがあるかなどの問診からはじまります。

それから、視診、触診、患部の硬さや熱感、リンパ節の腫れや血管拡張の有無などを詳細に診察し、腫瘍の性格や状態についてある程度の見当をつけます。



◼︎ 画像診断

単純レントゲン検査を中心に、CTやMRIを併用して、腫瘍の大きさや肺などへの転移の有無を調べます。

◼︎ 血液検査

血算により貧血の有無や、炎症の程度などを検査します。悪性骨腫瘍には、特徴的な腫瘍マーカーはありませんが、アルカリホスファターゼという骨が造られたり壊されたりするときに血中に出る酵素が、一部の悪性骨腫瘍の診断に役立つことがあります。

◼︎ 病理検査

診察、画像検査、血液検査によりある程度の診断が推測された後、腫瘍組織や細胞を一部取り顕微鏡で検査する病理検査により、最終的な診断をします。

悪性軟部肉腫の診断

詳細な視診と触診からはじまり、最終的に病変部の組織を採り検査する病理検査により診断が確定します。

悪性の疑いがある場合は、CT、MRI、超音波、血管造影などの画像検査も行い、腫瘍の性質や広がり、転移の有無を詳細に調べます。
診察 / 画像検査 / 病理検査



悪性骨腫瘍の生存率

腫瘍の種類や性格により、選択される治療法が異なりますが、外科手術、放射線治療、抗がん剤などの化学療法が中心となります。

悪性骨腫瘍の転移・再発・末期

悪性度の低い軟骨肉腫、線維肉腫などは、比較的に遠隔転移を生じる可能性が低いです。 一方、悪性度の高い骨肉腫、MFH、ユーイング肉腫などは、診断時にはすでに発症部位から周囲の軟部組織に進行しているケースが多いため、転移・再発ともにしやすいと言えます。

末期では、がん細胞が増殖してしまっているため、骨が痛み患部は腫れて、少しの衝撃だけでも骨折する場合もあります。骨内部から進行して破壊されていくにつれ、その痛みは強烈な痛みになっていきます。