「ATR阻害薬」、がんの不死身の秘密に迫る新薬

がん細胞は「不死身」になったかのようにいつまでも増え続けられるために問題になる。このたびこの不死身の状態を作り出す仕組みの一つをターゲットにがん細胞を選択的に殺せる方法が明らかになった。「ATR阻害薬」と呼ぶ新しい薬だ。米国ハーバード大学医学部を中心とする研究グループは、その結果をサイエンス誌オンライン版で、2015年1月16日に報告した。

「テロメア」を維持するがん

テロメアとは、「染色体末端部」を指している。染色体とは、人間であれば30億の塩基がつながったDNAの鎖がまとまったもの。遺伝情報を持っている。染色体の末端のテロメアでは、DNAの塩基の並びが繰り返し配列になっており、さまざまなタンパク質と組み合わさっている。

細胞が分裂を繰り返すたびにテロメアが短くなり、一定以下の長さになると細胞は分裂できなくなる。

がん細胞ではこの制限を乗り越えて細胞が増殖してしまう。がん細胞でテロメアの長さを維持するこの機構を「テロメラーゼ非依存性テロメア維持(ALT)経路」と言っている。




がん細胞を選択的に殺す

今回、ALT経路に不可欠な酵素である「タンパク質キナーゼATR」と呼ばれる分子を邪魔して、ALT経路のおかげで増え続けるがん細胞を、選択的に殺すことができると分かった。

この薬は、ALT経路の恩恵を受けるがんの治療に有力な手段として期待される。

文献情報

Flynn RL et al.Alternative lengthening of telomeres renders cancer cells hypersensitive to ATR inhibitors.Science. 2015;347:273-7.

Alternative lengthening of telomeres renders cancer cells hypersensitive to ATR inhibitors. – PubMed – NCBI

Science. 2015 Jan 16;347(6219):273-7. doi: 10.1126/science.1257216. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov’t