カフェインで悪性黒色腫(メラノーマ)減る

カフェインを取る量が増えると、ほくろのがんと言われる悪性黒色腫(メラノーマ)のリスクが下がるという研究結果が発表された。コーヒーでもカフェインが入っているならば効果があると伝えている。





悪性黒色腫とカフェインに関連は?

米国ハーバード大学医学部ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のシャオウェイ・ウ氏らの研究グループが、疫学分野の国際誌であるエピデミオロジー誌において2015年7月10日に報告している。

カフェインは紫外線による発がんを防ぎ、悪性黒色腫を防ぐという報告はこれまでにもある(コーヒーでメラノーマのリスクが低下、「カフェイン・フリー」は効果なしを参照)。さらに科学的な根拠が加わる形になる。

研究グループは、カフェイン、コーヒー、悪性黒色腫のリスクの関連性について検証した。3つの研究のデータに基づいて分析している。

「看護師健康調査2(1991年から2009年)」から8万9220人、「看護師健康調査(1980年から2008年)」から7万4666人、「医療従事者追跡調査(1986年から2008年)」から3万9424人分のデータを分析した。

分析の対象となったのは、400万人年。人年という単位は、追跡調査した人数を追跡調査した年数で掛け合わせたもの。病気が発生する程度を考える基準となる。

男性よりも女性ではっきり

追跡の結果、悪性黒色腫は2254人に確認された。関連した条件を踏まえてリスクを計算すると、カフェインを取る量が1日あたり393mg以上の場合と60mg未満の場合を比べると、カフェインを取る量の多い方が、悪性黒色腫のリスクが低いと分かった。

カフェイン60mgはインスタントコーヒーで100mLくらい。危険度は22%減るという結果。男女別で見ると、女性では30%減少に対して、男性では6%減少で、関連性は男性よりも女性ではっきりと表れていた。

日光に当たる場所にできる悪性黒色腫でリスクの減少との関係が強く、頭、首、手足といった場所のがんを減らしていた。肩、背中、おしり、おなか、胸のような日光にあまり当たらないところの関連性は弱くなっていた。

別の研究と同じように、カフェイン抜きのコーヒーは、悪性黒色腫リスクと関連しなかった。身近なところからがん予防の工夫はできる。

文献情報

Caffeine Intake, Coffee Consumption, and Risk of Cutaneous Malignant Melanoma. – PubMed – NCBI

Epidemiology. 2015 Nov;26(6):898-908. doi: 10.1097/EDE.0000000000000360. Research Support, N.I.H., Extramural