エキストラバージンオリーブオイル癌細胞を殺す効果も?

エキストラバージンオリーブオイルに含まれるオレオカンタールという成分が、正常な細胞を傷つけることなく、がん細胞だけを選択的に殺すという結果が注目されている。

エキストラバージンオイルの成分

米国ニューヨーク市立大学ハンター校を中心とした研究グループが、がんの分子細胞生物学分野の専門誌モレキュラー・アンド・セルラー・オンコロジー誌で、2015年1月23日に報告しているものだ。オリーブオイルのうち、オリーブの果実を搾ってろ過しただけの、一切化学処理をしないものを「エキストラバージンオリーブオイル」と言う。主にドレッシングやパンにつけるなど、生食用に使われているオイルだ。最近、健康に良いとして注目を浴びている地中海料理も、オリーブオイルをふんだんに使った料理だ。オリーブオイルには、認知症、心筋梗塞、肥満の予防など、体に良いさまざまな効果があると、これまでに報告されている。エキストラバージンオリーブオイルに含まれる「オレオカンタール」は、その効果をもたらす役者の1つだ。これはポリフェノールの1種で、かすかにピリッと感じる風味を与えている。今回研究グループは、オレオカンタールのがんに対する効果を調べた。

がん細胞を殺し正常細胞は生かす

研究グループは、シャーレの中で培養した何種類かの人間のがん細胞に、オレオカンタールを加えてその効果を観察した。すると30分後には、全ての種類のがん細胞が死滅した。一方で、人間の正常な細胞にオレオカンタールを加えた場合、細胞の増え方は遅くなったものの、死ぬことはなかった。がん細胞が死んだ仕組みを調べたところ、オレオカンタールは「リソソーム膜の透過性亢進(LMP)」と呼ばれる現象を起こし、それにより死んでいると分かった。リソソームは、細胞内のいわば「分解工場」だ。オレオカンタールは、このリソソームを覆っている膜を不安定にある。安定な状態を保つのに必要な「酸性スフィンゴミエリナーゼ(ASM)」を邪魔するという仕組みだ。これがLMPという現象で、そうするとがん細胞の分解工場の壁が壊れる。結果として、リソソームの中にあった分解酵素が細胞全体に流出した状態になり、細胞を殺してしまう。さらに周辺のがん細胞は、ドミノ倒しのように次々と死滅していく。正常な細胞は死なずにがん細胞だけ死んだ理由は、がん細胞のリソソーム膜が正常な細胞よりもろいからのようだった。がん細胞は正常な細胞より多くの老廃物を出し、そのためリソソームは大きくもろいのだ。今回の研究結果から、リソソーム膜をターゲットにした、がん治療の新しいアプローチが可能だと、研究グループは見ている。

文献情報

LeGendre O et al.(-)-Oleocanthal rapidly and selectively induces cancer cell death via lysosomal membrane permeabilization (LMP).Molecular & Cellular Oncology 2015 Jan 23 [Taylor & Francis Online]