癌論文で目にする「プレシジョン・メディシン」

最近、がんの論文を読んでいると、「プレシジョン・メディシン(Precision Medicine)」という言葉をよく目にする。

「効く」と判断した薬だけ使う

わが国の中村祐輔さんが「テーラーメイド医学」と呼んでいたものに近い概念だ。人間の遺伝情報の全体を指す「ゲノム」。その情報を使って、病気になった人々に対する薬の効き方を正確に分類していく。その上で「効く」と確認できた薬剤だけを使う。そんな意味で使われている。今回紹介するハーバード大学からの論文はプレシジョン・メディシンの可能性を肺がんで確かめた研究だ。有力科学誌ネイチャー誌オンライン版に掲載された。

悪性度の高い人をあらかじめ知る

タイトルは「EZH2阻害により、BRG1やEGFRの遺伝子に突然変異のある肺がんはTopoII阻害薬に感受性になる(EZH2 inhibition sensitizes BRG1 and EGFR mutant lung tumours to TopoII inhibitors.)」だ。見慣れない略語が並んで読む気がなくなるかもしれない。「EZH2」を表す腺がんは悪性度が高く、予後が悪いと知られていた。この分子の出ているがんの人を特定できるとすれば、その意味でEZH2を邪魔する「阻害薬」を使うときのプリシジョン・メディシンの確立と言える。

エピジェネティクスを制御する仕組み

なお、EZH2は遺伝子の「エピジェネティックス制御」に関わる分子だ。遺伝子の本体となるDNAは4種類の「塩基」がつながったもの。この塩基の並び方に基づいて遺伝情報を保つ。塩基の並びを変えずに遺伝子のオンオフをコントロールする仕組みが存在している。平たく言えば、このような仕組みを「エピジェネティックス」と呼んでいる。さらに、このエピジェネティックのコントロールに関わるタンパク質の一つが、「H3K4ヒストン」分子という。DNAと組み合わさって遺伝子のオンオフに関わってくる。タンパク質とは、アミノ酸が並んだ分子を言うが、EZH2はH2K4ヒストンを構成しているアミノ酸のうち27番目の「リジン」と呼ばれるアミノ酸をメチル化する機能を持っている。

2つ薬の組み合わせに効果があるか?

同じように、TopoIIも肺がんでよく使われる薬剤「エポトシド」の標的になっている。DNAのよじれを直す分子だ。DNAを複製していくためには必須の分子となる。今回の研究では、がん細胞にエポトシドを使って増殖を抑える。このときにさらにEZH2の阻害薬を加えて効果があるがん細胞と、逆効果で効果のないがん細胞を分類しようとしている。

2つの遺伝子から予測できる

結果として、EZH2の阻害薬が効果を示したがんの多くが、BRG1とEGFRと呼ばれる2種類の遺伝子の突然変異を持っていると分かった。一方、逆効果だったがんではほとんどは正常の遺伝子を持っていた。BRG1もEGFRも肺腺がんで最も多く見られる突然変異だ。EGFRは細胞の増殖レセプター、BRG1はエピジェネティックス制御に関わる分子だ。要するに、EZH2とエポトシドの効果を、EGFRとBGR1の突然変異の有無を調べることで予測可能で、プレシジョン・メディシンに使えるというのがこの研究の全てだ。

ゲノムを調べずに薬を使えない

残りの実験はメカニズムの解析となっている。主に4点ほどが示されている。(1)マウス肺がんモデルでBRG1、EGFRに突然変異のないがんでは2つの薬の組み合わせがむしろがんの増殖を早める(2)EGFR突然変異によるがんで大きな効果がある(3)EZH2阻害によりBRG1が誘導されTopoIIの効果を打ち消す(4)EGFRの突然変異はBRG1を抑制するためEZH2の効果がある。いずれにせよ、ゲノムを調べずこの治療を受けると、がんがより増殖してしまう可能性があるのは確かだ。

日本の方向が見えないが

私が医者になった時から40年、肺がんは組織で分類し、その分類に応じた薬剤を使うことが続いてきた。いわば確率の高い薬剤を試行錯誤で使うという方法だ。がんのゲノム解析は、これを大きく変えつつある。この結果に基づき薬剤を選択する方法に期待は高い。しかし、プレシジョン・メディシンをわが国はどう実現しようとしているのか。わが国の政策からは全く見えてこない。

文献情報

Fillmore CM et al. EZH2 inhibition sensitizes BRG1 and EGFR mutant lung tumours to TopoII inhibitors. Nature. 2015 Jan 28. [Epub ahead of print]