がん・風邪・感染症予防にもなる免疫力アップ方法

私たちの身の回りには目には見えないウイルスや細菌など様々な外敵が無数に潜んでいます。

ウイルスや細菌は体の中に入ろうとすると虎視眈々とチャンスを伺っているのです。それをシャットアウトし、体に入れない、入ってもそれに負けないような体を作るのが免疫力なのです。

また、もう一つの役目として、体の中にも悪いものも出てくるものに対して潰すのも免疫になります。このように、外と内に両方に向いて体を守っている防御システムなのです。

その最前線で働いてくれているのが粘膜です。体の外に触れる場所には必ず粘膜があり、ウイルスや細菌などから守っています。

その部位がカラカラ粘膜になると分泌液が出ないので様々な障害がおこってきます。

つまり、免疫力低下は粘膜バリアの不調からおこるのです。

免疫にとって粘膜が重要なことは最近、とても注目されています。免疫で起こってくる病気は実はたくさんあります。

例えば、がんは、体の中にある退治しなくてはいけない異物に対して、免疫が働かなくなってしまった場合におこります。

そして、体の中にある本当は味方なのに敵と間違って認識して攻撃してしまうのが、自己免疫疾患にあたり、一番、有名なものは関節リウマチなどがあります。

関節リウマチの原因は、口の中の粘膜の障害があると歯周病がおこしやすくなると言われています。

『歯周病菌が関節リウマチ』の原因になってきていることが最近では判明しています。

このように非常に粘膜免疫は重要なのです。

そして、粘膜の部分は非常にもろく、粘液のバリアで覆っています。そこの部分が破綻すると一気にやられ
てしまうのです。

あなたは免疫力大丈夫?

免疫力チェックポイント

いくつあてはまりますか?

  • 目が乾きやすい
  • 口内炎ができやすい
  • 休みの日になると風邪をひきやすい
  • タバコを吸っている
  • 肌の調子が悪い
  • 起きたときに喉が痛む
  • 慢性の便秘・下痢である

1つ以上あてはまったら注意が必要です!



口呼吸を鼻呼吸に変えると免疫力がアップする。

【簡単!呼吸の仕方を変えて免疫力アップ】
普段、私たちは当たり前のように呼吸をしているが、実は免疫力との意外な関係があるのです。

免疫力アップに必要なことは口をしっかり閉じて、鼻で息をすること。これで免疫力をアップできるのです。

本来私たちは、鼻で吸って、鼻ではくのが当たり前ですが、なぜ口呼吸が体に悪いのか?

それは、粘膜が乾燥してしまうからです。粘膜はしっとり、湿っていてこそばい菌から体を守ってくれています。

そこが乾燥してウイルスやばい菌に侵入されやすい体になってしまうのです。
体の中に乾燥した空気を入れ込むのは体にとって危険なのです。

鼻は1日1リットルの鼻水をだすことによって、鼻水を加湿につかっているのです。

鼻呼吸の最大のメリットとは?

意外と知られていないことですが、鼻の穴は2つあるのに、いつも2つの穴で息をしているわけではないのです。
どちらか一方で息をしており、2~3時間おきに交互に呼吸しています。これをネイザルサイクルといいます。

口は1個しかないので、もちろん休めません。鼻は交代勤務なので、体を休めることができ、粘膜が常に潤った状態を保つことができるのです。

口呼吸をすると、口の粘膜が乾燥するだけではなく、様々な病気になります。
例えば、慢性の扁桃炎や、気管支ぜん息、花粉症、アレルギー性の疾患になる場合もあります。

現代人は、口呼吸の人が多く、ほとんどの人が自分は口で息をしていると思ってません。無意識に口呼吸をしているのです。

あなたは口呼吸している?

口呼吸チェックいくつあてはまりますか?

  • 無意識に口が半開き
  • 唇がよく乾く
  • いびきや、歯ぎしりがあるといわれる
  • 起床時にのどが感想したり、喉が痛む
  • 口臭が気になる
  • おしゃべりや歌が好き

1つ以上あてはまる場合は可能性があります。

実は、私たちが赤ちゃんの時は鼻呼吸なのです。本来は正しい呼吸をしているのにも関わらず口になってしまう理由としてが口の方が一気に取り込めるので楽という理由があるのです。

【口呼吸から鼻呼吸に簡単に変える方法とは?】

その前に、鼻で息をすることについて、鼻がつまって息ができない方の、オススメの方法はツボを押すことです。

ツボの場所
目のふちから指の幅、2本分程度下の、ややへこんでいる部分の四白というツボを押します。約10秒×2~3回ギューと押した状態で鼻で息をします。だんだんと鼻の通りがよくなってきます。

鼻呼吸を寝ているときに改善方法

改善方法は、テープで口が開かないように張り、強制的に口を閉じ、鼻呼吸にします。注意点としては、テープは口を軽く閉じてから張るようにしましょう。

そして、口呼吸になってしまう理由としては、口の筋力が弱くなることが原因と考えられています。この防止策として、『あいうべ体操』が効果的です。

あいうべ体操は、以下のように大きく口を開けることが大事です。

あ:口を大きく開く
い:横に口角を広げる
う:口をとがらせる
べ:ベロを下に突き出す

声は出しても出さなくてもどちらでも大丈夫です。この動作を1セット4秒~5秒かけてやり、1日30セットを目安にしましょう。
あいうべ体操の一番の目的は最後のベロの筋肉を鍛えてベロが下がっている状態を上がっている状態にし口呼吸から鼻呼吸にかえることです。