肝臓がんの原因や生存率は?

人体の働きを支える化学工場ともいわれる肝臓。その働きは、取り入れた栄養分を体に必要な成分に変換、一方有害物質は解毒・排出するという体内の循環を円滑に行う、非常に重要な働きを持つ臓器である。

肝臓がんの原因は?

30そんな肝臓が、がんに侵されてしまったら、体全体へのダメージははかりしれない。
もし肝臓がんを発症してしまうと、大腸・胃などといった消化器系に転移しやすい特徴を持ち合わせている。そのため肝臓がんと診断されたら、一刻も早く対処が必要であることは患者内でも知られている。

肝臓がんは、肺がんや子宮頸がん同様に発生要因が比較的明確になっているがんの一種だ。 だからといって、生存率が高かったり、転移率が低いというわけではない。




肝臓がんの原因のほとんどがウィルスであるため、症状の範囲が広く、また転移も早いのだ。
国立がん研究センターによる2013年の統計によると、肝臓がんの死亡率は男性では、肺がん・胃がん・大腸がんに次ぐ4位。女性では、大腸がん・肺がん・胃がん・膵がん・乳がんに次いで6位である。

肝臓がんの原因としては、過度の飲酒というイメージが強いが、肝炎ウィルスによる発症が大半を占めている。よって輸血・性交・出産など、体液が接触する際に感染する可能性が高く、肝臓がんは誰にでも起こりうるがんといえる。

肝臓がんのみならず、がんは何よりも早期発見が重要である。一刻も早いがん発見のため、試行錯誤を重ねさまざまな検査方法がこれまで生み出されてきている。