子宮頸がんの転移・再発の症状チェックポイント

現在20代~30代の女性に急増しているのが子宮頸がんであり、毎年約10,000人が発症し、約3,500人が亡くなっているといわれています。

しかし、子宮頸がんは他のがんと違う点が1つあります。

それは原因が特定されているという点で、他のがんは原因が特定されていないため確実な予防は困難です。

子宮頸がんは原因が特定されているため、定期検診によって予防できますが、予防ワクチンは副作用も多く報告されています。

子宮頸がんとは?そして原因

子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占め、以前は発症のピークが40~50歳代でしたが、最近は20~30歳代の若い女性にも増えてきいます。

子宮頸がん原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で起こることが発見されました。

ヒトパピローマウイルスはとてもありふれたウイルスなので性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。なのでほとんどの女性が子宮頸がんになる可能性があります。

感染したからといってすぐにがんが発症するわけではありません。

人間の免疫力によって多くの場合、体から自然に排除されます。

しかし、この機能がうまく働かずにウイルスが子宮頸部に残り、長い間感染が続いた場合、その部分の細胞が少しずつがん細胞へと進行し、子宮頸がんとなるのです。

子宮頸がんの予防法

避妊用具を使用することです。確率は下がりますが、100%ではありません。HPVに限らず、セックスによって感染する病気のリスクを下げる意味では使ったほうが望ましでしょう。そして、不特定多数の人と性交渉を持たないことです。また、性行為をする場合、清潔な状態を心掛けましょう。

次に、免疫力を高めることです。通常は自己免疫力によりヒトパピローマウイルス(HPV)も自然排除され異形成になることはありません。バランスのよい規則正しい食事、タバコを吸わない、充分に質の良い睡眠、働きすぎない、ストレスを溜めずに解消する、夜更かしをしない、適度な運動をし、免疫力強化で予防するならば、キノコを積極的に取りましょう。キノコにはβグルカンという成分が豊富に含まれており、免疫力アップを手助けしてくれます。

更に定期的に健診を受けることで早期発見に努めます。子宮頸がんは定期的な検診によってがんになる前の状態(前がん病変)を発見することができ、がんになる前に治療が可能な病気です。やわらかいヘラやブラシのようなものを膣に挿入し、子宮頸部の粘膜を軽くなでるように採取します(PAPテスト)自費で検診を受ける方法…子宮頸がん検診1万程度、子宮体癌(がん)検診で13000円~15000円程度でしょう。

子宮頸がんの転移・再発について

がんには「転移・再発」のリスクが伴い、子宮頸がんにおいては、特に骨盤内の局所再発が多いといわれています。

また主な転移先として、膀胱、直腸、骨盤内のリンパ節。遠隔転移では、肺、肝臓、大動脈リンパ節、脳があげられます。

転移・再発した場合、初回治療と比較すると非常に治療が難しくなり、治療法の選択肢も狭まってしまい、さらに予後も悪くなる傾向です。

子宮頸がんにおいて転移・再発で多くみられ、さらには、身体や分泌物に特徴的な変化が見られます。代表的な症状は、不正出血、おりものの異常だが、転移先によってがんによる主な症状は違ってきます。

● 脳    :頭痛、吐き気
● 肺    :なかなか治らない咳、血痰、胸の痛み、胸水による呼吸困難
● 骨盤内  :おりもの増加、不正出血、腹部膨満
● 直腸   :下血、血便
● 膀胱   :血尿、尿の量が減ったり出なくなる、下半身麻痺、水腎症
● 肝臓   :倦怠感、腹部膨満、腹部の痛み、黄疸
● 骨    :激痛、骨折
● 局所再発 :骨盤内臓器(膣、子宮体部、卵巣、靭帯、下部結腸、直腸、膀胱など)、リンパ節

特に早期子宮頸がんの円錐切除術などで子宮温存した場合、子宮頸部の再発が多く見られます。がんが子宮頸部だけであれば、再手術によるがん切除が可能で予後は比較的悪くありません。

一方、遠隔転移を伴っていたり、がんが複数箇所にあり全切除が不可能な場合には、化学療法と放射線療法を併用した治療を行うことになる。

しかし、初回時に既に放射線治療や化学療法を受けていた場合には、転移・再発がんの根絶は非常に困難で予後も必然的に悪くなってしまいます。 これは外科手術も同様で、初回治療にどの範囲で切除し、術後どれくらいの期間で転移・再発したかなど、条件によって適用かどうかが決まります。

どちらにしても、大幅なQOLの低下が招かれやすい状況に変わりはなく、そのため、患者が治療に対する耐えうる体力がない場合は、緩和ケアへの移行となる場合があります。

子宮頸がんの治療は、手術などの「標準治療」が最も有効な治療法とされていますが、転移・再発を伴った場合においては、その効果は非常に悪くなってしまう傾向があります。そのため、治療成績も芳しくないことも窺える。