子宮がん症状のチェック方法

子宮頚がんの発症は、20代から急激に増加している。そのため、この病気が妊娠に関する世代に重大な影響を及ぼしていることが見て取れる。
しかし幸か不幸か、この世代は早期がんが多く子宮温存が可能なケースが多い。

これに対して老年期に見つかる子宮頚がんは、ほぼ進行がんの割合が高い。一方、子宮体がんでは50〜60才がピークで、閉経期前後に多くみうけられる。

子宮頚がんでの主な症状は、不正出血・接触出血(性交出血)がよくあげられるが、初期ではほぼ無症状だ。また、子宮がん検診で見つかることが多いため、検診を怠ることで、気付いた時には「進行していた」ケースも少なくない。

また子宮体がんでの症状は、圧倒的に不正出血が多い。特に閉経期以降の出血で異常を感じ、そこで検査をされて見つかるケースが多いのだ。
しかし子宮体がんも初期ではほぼ無症状なために、定期検診で発見されることが多い。

症状がなくても定期的に子宮がん検診を受けることが、早期発見の大きなポイントだ。しかし、検診を受けていても月経時以外の出血(不正出血)、またはピンクや茶褐色のおりものがあれば、すぐにでも検査を受けることをお勧めする。

また子宮がんは、初回の治療内容によって再発・転移が起こりやすい場合がある。

子宮頸がんでは特に、骨盤内の局所再発が起こりやすい。転移では、子宮に近い膀胱・直腸・骨盤内のリンパ節があげられる。遠隔転移に関しては、肺・肝臓・大動脈リンパ節・脳がある。
子宮体がんでは、治療法として全摘が選択される場合が多いこともあり再発は少ないが、骨盤外への転移が多く見受けられる特徴がある。

このように初期治療が成功したとしても、再発・転移する確率が高いこともあるため注意が必要だ。