スキルス胃がんの検査方法

悪性度の高いスキルス胃がんであっても、早期発見できればすぐに治療目的の手術を行える上に、術後の回復も速く再発防止なども可能だ。

非常に見つけることが困難なスキルス胃がんは、年1回検査を受けていても見逃す場合もあるため「まだ若い」「忙しいから」といって検査を怠らないようにすべきだろう。

特に身内でスキルス胃がんの罹患者がいる場合は、要注意だ。スキルス胃がんは非常に進行も早いために胃がんの中でも特に恐れられている。

スキルス胃がんの主な検査法は、胃X線造影(胃バリウム)検査、内視鏡検査(胃カメラ)になる。他にも、超音波検査、CT検査、MRI検査、PET検査などがあげられる。
また、自由診療となるが血液中のアミノ酸濃度を測定する、AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)という検査もある。

胃粘膜の下を這っていくスキルス胃がんは、胃壁が硬くなることで、胃全体の形や動きが異常だと判断しやすいバリウム検査は有効だと言われている。しかし、この検査で発見できる時には、すでに手遅れの場合も少なくない。




そのため近年では、上部消化管内視鏡が誕生し、多くの検査機関で採用されているそうだ。
この検査は、バリウム検査で食道、胃、十二指腸に疑わしい影が認められた時、内視鏡検査と同様、直接的に病変の大きさ・形・色・出血の有無などを観察する検査だ。
さらには、がんが疑われる場合において、内視鏡先端部の装置を用いて疑わしい病巣を採取し、生検(組織細胞診)を行うことも可能だ。

しかし、ここで最も重要なのは「スキルス胃がんを見分けられる医師かどうか」という点だ。
「どういう状態がスキルス胃がん初期〜末期なのか」を知らない医師に、どんな高性能な内視鏡を活用しても、スキルス胃がんだと判断することはできない。
そのため、内視鏡検査を受ける場合には、技術力が高い・経験豊富な医師を選ぶことが非常に重要になる。

また、医師の力量で左右されない点も含め、注目されている検査に「PET検査」がある。
この検査は、がん細胞が正常細胞に比べ3〜8倍のグルコース(ブドウ糖)を体内で取り込むという性質を利用した検査になり、小さながんをも早期発見することができる検査だ。