前立線がんの特徴と転移について

前立腺がんの再発には、治療を行い正常化した血中PSA値が再び上昇してきた「PSA再発」と、治療後に局所再発や遠隔転移が新たに発見された時などを「臨床的再発」と呼び、2つの再発がある。

ほとんどの場合、PSAの再上昇がみられるため、治療はがんの状況や患者の意志などに応じて決められる。

前立腺がんの転移については、周囲の骨やリンパ節に多く見られるが、肺や肝臓などの遠隔転移するケースもある。転移が起こると、根治治療が困難になってしまう。

前立腺がんが骨盤や腰椎に転移した場合、背中や腰の痛み・足のしびれなどが現れる。さらに進むと、脊髄神経までも圧迫することになるために、下半身麻痺や鈍痛から刺すような痛みなど、様々な激痛を伴うのだ。

骨転移による「病的骨折」「圧迫骨折」なども引き起こされるため、患者さんのQOLは低下してしまう。またリンパ節転移ではリンパ液の流れが滞ることにより、足・陰嚢・下腹部などの下半身に浮腫が生じる。

前立腺がんは他がん種と比べて生存率は良いのだが、再発の危険性は常に背中合わせだ。
再発した場合には、前回と違う治療法を選ばれる場合が多いため、主治医と十分に納得できる話し合いが必要だ。