前立腺がんステージ別の治療法とは

進行スピードがゆっくりな前立腺がんの生存率は、全がん種内でもかなり高い水準にあります。

前立腺がん進行度の目安としてステージ(病期)が決められるが、これは、治療や予後の検討などにも用いられ、ステージA〜D期で分類される。

このアルファベットが増えることで、悪化していることを示している。

 

進行度別、前立腺がんの生存率

前立腺がんはステージⅣ(離れた臓器への転移がある)までの生存率は非常に高く、他のがんに比べて生存率の高いがんとされています。

また、進行速度が遅いこともあり、ステージⅢでも5年生存率は100%と言われています。

ちなみに、50歳以上の男性が亡くなるまでに一度でも前立腺がんにかかる確率は6.7%とされており、その前立腺がんによって死亡する確率は3.2%であるとされています。

また、他のがんと同様に前立腺がんも早期発見が何よりも重要です。

前立腺がんはステージⅣになってしまうと、生存率は51.1%と激減します。他のがんに比べて生存率が高いということで安心せずに、早い段階で検査を受けることが重要になります。

また、前立腺がんの進行度は主にTNM分類で判断されるのが一般的です。

・T(tumor)…がんが前立腺の範囲内か周囲の組織や臓器にまで広がっている
・N(nodes)…リンパ節への転移があるかどうかを表します
・M(metastasis)…離れた組織や臓器への転移があるかどうかを表します



ステージ別の治療について

 

ステージ別の治療は、A期では経過観察することが多いが、若年者の場合では手術などの根治治療法が選択される場合もある。

B期では、患者さんの年齢・合併症の有無などで手術・放射線・ホルモン療法などが選択される。

C期では、ホルモン療法を中心に手術・放射線を行うケースがある。

D期では、ホルモン療法を中心に放射線療法が追加されることもあるが、ほぼホルモン療法がメインだ。