意外と知らない前立線がんの原因

前立腺がんであげられる原因として、高齢・前立腺がん家族歴・食の欧米化・前立腺の慢性的炎症・肥満などが主にあげられる。

特に、乳製品の過剰摂取は前立腺がんや卵巣がんの可能性を高めると言われている。

最近では、細胞増殖に関与しているタンパク質の一種であるIGF-1が影響しているかもしれないことも指摘されている。そんな、前立腺がんにおいての対策はあるのだろうか。

前立腺がんの代表的な原因として「年齢」が大きい。
前立腺がんの罹患者の統計から、50代頃から増加し70歳あたりで最もピークを迎える。加齢と比例して発症率が急上昇していることが顕著にわかる。

ただし家族性の前立腺がんの場合、40代前後の若年で発症するケースも多い。
家族性は特に、血縁に前立腺がんを患っている方がいる場合、前立腺がんの罹患率は上昇すると言われている。

その中でも、父親か罹患者の場合は約1.5〜4倍、兄弟の一方の場合は約2.5〜3倍、父・兄弟また息子のいずれかの場合は約2〜9倍、特に父親・兄弟ともに発症していた場合は、約9倍にも上昇する。

上記の内容とともに、普段の生活習慣・食生活の内容なども絡み合い、前立腺がんの発症リスクを高めていると言える。また、他がん種のように喫煙・飲酒との関係は否定的な報告が多いようだ。