がんで有名な病院選びは必要か

がんが見つかるきっかけは様々だ。そのため、近所の小さなクリニックなどを受診される方も多いだろう。
もし、がんの疑いがある場合は、精密検査が必要になり提携している大きな病院への紹介状が発行され、再検査という流れになる。

しかし、そこで紹介された病院で治療を受けるかどうかは、患者次第であることを忘れてはならない。

「病院」には、小さな診療所から大学病院などの大きな病院、ある病気に特化した専門病院など様々な種類の病院がある。私たちはその中から、自分の治療を行うための病院を探すことになる。
では、いかにして病院を探せば良いのか。

まず、がん治療においては、各がん種によって診療ガイドラインが存在する。そのため、基本的ながん治療はどの病院に受診していても同じレベルの治療となる。

したがって、口コミやランキングなどで上位の病院だからという理由で生存率が確実に確保されるわけでもないのだ。

例えば病院によっては、完治の見込みがない・有効な治療法がない場合などは受け入れないケースもある。それによって、生存率や治療成績が良いという場合もあるのだ。

また、「早期がん」においては特に、治療法が確立されているがん種も多いため、どの病院を選んでもほぼ変わらない治療内容を受けられる。

もちろん例外はある。すい臓がんや胆道がんなど初期であっても発症箇所によっては、その治療においての治療実績が高い病院や医師を選ぶ必要はある。

一般的に、その分野に強い「専門医」や「指導医」といった医師が推奨されるため、、病院のホームページなどに掲載されている、勤務医師の治療実績・経歴・専門領域を1つの参考として検討するのも良いだろう。

さらに、厚生労働省に指定された病院「がん診療連携拠点病院」「地域がん診療連携拠点病院」は、どこの病院でも水準の高いがん治療が受けられる。
この指定病院は、厚生労働省のホームページで調べら、指定要件も確認できる。

最終的に病院を決定するのは患者自身だ。治療実績や生存率の数字を参考にすることは一つの目安として必要だろう。
しかし、最も重要なのは、「担当医が信頼できるのか」どうかだろう。信頼できずに不満しかない場合は、病状も悪くなる一方だろう。
まずは、自分自身で信頼できる医師かどうかを判断することが一番の鍵だ。