がん治療の温泉効果はどうなの

日本では古来より病気になると温泉を湯治利用し病を治してきた説があり、代表的な温泉として、玉川温泉や増富温泉、三朝温泉などが挙げられる。

これらの温泉には、温度、含有成分の質・量などから医療効果が期待できる放射能泉としてがん治療に期待されている。

放射線は有害な物質だが、少量であれば「放射線ホルミシス効果」があると言われている。

放射線は大量に浴びると体に害を与えるが、地球上には微量の放射線が放出されている。この自然放射線の10~100倍の放射線を浴びると、健康にいいということがわかってきている。

たとえば、岩盤浴や温泉などで使用されている天然ラジウム鉱石は、水に入れるとラドンという放射線を発する。微量のラドンが体内に入ることにより、新陳代謝が向上し、免疫力や自然治癒力がアップすることが、実験や臨床応用で証明されているのだ。

しかし実際には、湯治によってがんを完治できるかの証明はなされていない。

ただ、温泉寮法のように自分たちにもできる代替医療なども取り入れ、がん克服のための一つの方法として、非常に重要だと言えよう。

近年の代替医療は、漢方薬や健康食品など多くの製品が出回っている。その中でも、標準治療の奏功率を高めるために、臨床試験やエビデンス実証など、科学的な研究発表がなされている製品が増えてきている。