小林麻央でも噂のホスピスとは?

ホスピスは主に末期がん患者に対し、終末期ケアを行う施設または在宅でのターミナルケアだが、標準治療との違いは延命をしない点が大きく異なる。

実存的な苦痛などを取り除くことで、患者が自分らしく生きられる支援を重視し、診断期から終末期、遺族ケアに至る過程で行われるのだ。

しかし中にはホスピスを希望するも、がんの進行が遅く養生するうちに、再び治療を希望する患者も少なくない。

ホスピスのメリットは、患者一人ひとりが苦痛に耐えながら生きていくのではなく、その人らしく、充実した最期の時を過ごせることだ。

また、延命治療が行われないだけで、疼痛緩和や吐き気・嘔吐、呼吸困難など諸症状の緩和は積極的に行われ、身体的苦痛や精神的苦痛をメインに和らげてくれる。

もちろんデメリットもある。本人・家族が終末期であることの受容が不可欠であり、積極的な延命・根治治療は選択されないという点だ。また、ホスピス治療を受けるまでに必要な手続きに時間がかかる場合もある。

このようにホスピスは自分の最期を医師に委ねず、自分らしく尊厳をもって全うするにはどうすれば良いか、自分で考え行動する力が必要になる治療だ。そして最近、この治療を選択する患者は増えている。