がんの治療実績の多い名医は現実的?

がんと診断された場合、病院・医師選びに頭を悩ませる方が多いのではないだろうか。

病院には小さな診療所から大学病院、がんに特化した専門外来などがある。私たちはその中から、自分に合う病院を探すことになるが、できれば腕のいい名医に出会いたいのが本心ではなかろうか。

名医に治療してもらうのは現実的か?

現実的にマスメディアなどで取り上げられている名医は、時間的にも地理的にも難しいのが現実である。

そもそも、がん治療においては各がん種によって診療ガイドラインが存在し、基本的な治療はどの病院に受診しても同じレベルとなる。したがって、口コミやランキングなどで上位の病院だからという理由で生存率が確実に確保されるわけでもない。

また、早期がんにおいては特に、治療法が確立されているがん種も多いため、どの病院を選んでもほぼ変わらない治療内容を受けられるのだ。

もちろん例外はある。すい臓がんや胆道がんなど初期であっても発症箇所によっては、その治療においての治療実績が高い病院や医師を選ぶ必要はある。

一般的に、その分野に強い「専門医」や「指導医」といった医師が推奨されるため、勤務医師の治療実績・経歴・専門領域などを1つの参考とするのも良いだろう。




名医の定義とは?

そもそも名医の定義は、医療のレベルが基本的に変わらないことを前提とすると、患者自身が思っていることや不安なことを躊躇無く尋ねることができ、納得し医療を受けることができる医師が名医であろう。

もちろん医師も人間だ。専門的な手術の中で手際の上手い下手、得意分野の違いはあるだろうが、技術やテクニックによる差は、治療成績を左右するほど大きくはない。

最終的に病院を決定するのは患者自身であり、不満しかない場合、病状も悪化する。まずは、信頼できる医師かどうかを判断することが一番の鍵だ。

だからこそ、深刻な状況になる前に自分自身でも出来うることを行うべきだろう。
例えば、治療の奏効率を上げるために、担当医から言われている食事方法や運動方法などもあるだろう。また、標準治療以外の代替医療の分野にも目を向けてみても良いだろう。