消化管ストーマと尿が排泄される尿路ストーマ

ストーマとは、手術により腹壁に新しく作られた便や尿の排泄の出口のことをいう。何か特別な機械を使うのではなく、腸や尿管を直接、腹の外に出し、便や尿の新しい排泄の管理ができるのだ。

ストーマには直腸のような便を貯める働きはなく、便を出す働きのみになる。

つまり、腸内で消化吸収されるつど、自分の意識とは無関係に便が排泄されるのだ。

スト-マには、便が排泄される消化管ストーマと尿が排泄される尿路ストーマがある。主に直腸がん、膀胱がんと診断された場合に造設する。

しかし患者にとってどちらも負担は大きく、メリットはもちろんデメリットも存在する。

例えば、消化管ストーマの場合、腹部にスト-マと便を一次的に受け取る袋(パウチ)があるため、違和感があり生涯にわたり装具を付け続ける管理が必要だ。

そして尿路ストーマについても、腸閉塞・新膀胱の縫合不全など術後の合併症が増える可能性がある他、尿道を残すことによって尿道再発があり得るのだ。

ストーマの目的は精神的苦痛の有無を観察し、QOL(生活の質)を高めていくことだが、何よりも転移させないことが重要であり、これ以上の進行を回避するために、患者自身でもできる治療法を試すべきであろう。