肺腺がんは非喫煙者でも発症する?

肺がんは大きく非小細胞肺がんと小細胞肺がんに分けられる。その中でも特に非小細胞がんの肺腺がんは肺の末梢に好発し、近年では特に非喫煙者の女性において増加している。

この肺腺がん、がんが小さい間は症状はなく早期発見が困難だ。そのため、症状が現れてから見つかった場合、ほとんどが手術不適応なまで進行しているケースが非常に多い。

肺腺がんは、肺がんの中でも約6割を占めており、日本において最も罹患率が高いがん種だ。さらに、非喫煙者の方でも発症するリスクも高い。

また、初期症状はほぼないために、自覚症状を感じられない状態で人間ドックや健康診断などで発見されることが多い。ただし、肺腺がんが進行してくると、症状は様々な形で現れてくる。

進行度合いに伴い肺がんと同様に、長期間の空咳、痰や血痰、喘鳴、胸の痛みなどがあり、肺の末梢部でがんが成長することで、呼吸困難や胸膜に影響して胸水が溜まるなどの症例も多い。
さらに進行すると、リンパ節転移や遠隔転移が起こり、転移した箇所特有の症状が現れる。

肺腺がんの治療法は、手術・放射線療法・化学療法などがある。そのため、がんのタイプ、部位、進行度、患者の体調などを考慮して治療方針が決定される。

早期発見された場合は、手術が第一選択肢になる。
手術不適応な場合の選択肢として、放射線療法があげられる。また、進行が進んでいる場合には、化学療法が選択されるが効果はあまり期待できない。