直腸がんの原因・治療・予防

一般的に直腸がんが近年増加しているデータからも頷けるように、主な原因として、高齢化と食習慣があげられる。

特に、食の欧米化によって動物性脂肪の摂取量が一気に増えた事が、直腸がん増加原因の重要な因子だと考えられている。






そのことは諸外国を見てもわかるように、脂肪摂取が多い国ほど直腸がんが多いと言われ、疫学的にも知られているほどだ。

このように、食習慣は直腸がんの原因に大きく関与し、小さな因子であっても長い人生の中で積み上げられ、脅威的な存在になりうるのだ。

なぜ食の欧米化が直腸がんの原因に関わるのか。
それは、動物性脂肪を多く摂取すると、体内から脂肪の消化酵素である胆汁酸が含まれる胆汁がたくさん分泌され、この胆汁酸が腸内の発がんに関与していると考えられているのだ。

そのため、食物繊維の摂取不足によって、便が長時間腸内に留まることで、その胆汁酸が腸に触れている時間が長くなる為、更に発症リスクも高まる。

ただし、直腸がんの原因を作り出す食品もあれば、逆もまた然り。
がん阻害成分を含んだ食品も多く存在することを覚えておきたい。

魚に多く含まれる不飽和脂肪酸や野菜、くだものに含まれる食物繊維は発がん物質を吸着して体外に排出する。
また、緑黄食野菜のβカロテンは発がんの原因である活性酸素を抑制することがわかっている。
ぜひ、これらの食品は積極的に摂取することを心掛けてほしい。

もし、直腸がんを発症してしまった場合も慌てずに対処すべきだ。
直腸がんの進行は比較的遅いとされ、同じ消化器系の胃がんに比べると10分の1程度の速度だといわれている。

また、がんを克服した患者に共通して言えることは、手術や抗がん剤治療だけに頼らず、直腸がんを作ってしまった根本的な原因がどこにあるのかを見直し、がんが成長しにくい体内環境の改善に努力することを行っている。