卵巣がん原因はこれだった!?

卵巣がんは女性であれば、誰しも罹患する可能性を持っている。
「私は大丈夫。」ということは決してないのだ。

卵巣がんは自覚症状が分かりづらいために、発見時にはかなりの進行状態で見つかるケースが非常に多い。






進行している場合、5年生存率も大幅に低下してしまうことも、卵巣がん患者内では知られている事だ。

原因にあげられるものとして、女性ホルモン分泌異常・卵巣機能の何らかの異常・高脂肪食・高血圧・肥満・糖尿・喫煙など多岐にわたる。

だが、発がん原因に当てはまることがあったとしても、当然ながら全員が発症するわけではない。しかし、年間に8500人前後が罹患していると考えれると、決して少ない人数とは言えない。

また、卵巣がん発見時にステージが高ければ、手術によって一度治癒しても数年には、再発・転移の可能性が非常に高くなる。再発しても、限局であれば手術なども行なえる場合もあるが、ステージが上がっていれば当然、治療が困難になることは言うまでもない。

では、進行する前に卵巣がんを見つけるためには、どうすべきか。
それはやはり「早期発見・早期治療」だろう。これは多くの方が当たり前のように思っている事ではあると思うが、実は、思っているだけで行動できていないのが現状だと言える。