出産予定日を知るには、正しい排卵日を知る

排卵日とは

排卵日とは、卵子が排出される日のことを言う。正しい排卵日を把握することで、出産予定日を予測することが可能だ。

最終月経から計算をする場合、2週間後を排卵日、40週後(280日)を出産予定日とする。

出産は、統計学的に最終月経の第1日に280日を加えた日におこる確率が高いということで、この280日目を出産予定日としている。

すなわち、排卵日を知れば、出産予定日も自ずとわかるのだが、正確な排卵日を知るにはどのような方法があるだろう。

排卵日チェッカーを活用する

そんなときに便利なのが、排卵日チェッカーだ。過去の月経から排卵日を割り出してくれる。

この結果はあくまでも月経周期が規則正しい場合を前提としているため、月経不順の人などに関しては少しずれが生じる場合もあるが、大体の予定日を把握することは可能だ。

より妊娠しやすいカラダにするために

排卵日のタイミングポイントを押さえて、妊娠確率をあげることは、妊娠・出産において大切なことだ。

しかし、それだけでは「より妊娠しやすいカラダ」に繋げるには役不足だ。もちろん、妊娠の基礎である排卵日のタイミングやホルモン分泌の促進なども大切ではある。

だが、根本的な部分である「卵子」「精子」の質の向上=妊娠力のアップが最も重要なのだ。そのためには、規則正しい生活が欠かせない。

生活習慣・食事などの改善

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

精子や卵子の質の向上

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアの活性化

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための「イースタティックミネラル」を含む成分を摂ることをおすすめする。