40歳以上の年齢でも妊娠できているのは何故?

最近よくきく晩産化とは?

女性の出産年齢が年々高くなっていることを晩産化という。高齢の出産対象というと40代や50代のことを指すイメージはないだろうか。

高齢出産

実は、35歳以降に出産されることが高齢出産の定義とされているのだ。
※WHO(世界保健機構)や日本産婦人科学会提唱

いまでは約半数の都道府県で、20代後半より30代前半のほうが第一子出生率が高くなってきている。どうして晩産化が増えたのだろうか。

晩婚化が年々増えているため、日本はいま晩産化傾向にあるといえる。女性の社会進出とともにキャリアを優先して妊娠、出産を後回しにすることも原因のひとつにあげられている。

晩婚と生殖医療の進歩により高齢出産が可能になったことで40代での出産が増加しつつあるのだ。

漠然と「30代のうちに結婚、出産できれば良いな〜」と思っている女性が多く、気づいたときには妊娠・出産がなかなか叶わず、不妊治療をうけることになっている。

これが現代の晩産化のリスクなのだ。

晩産対策

そして、20代から減少している卵子。25歳を境に老化する卵子の実態に気づいていない方も多いのではないだろうか。

晩産対策。どうすればいいのだろう?

外見ではなく内面的なところから変えることが重要視されている。
ヨガで身体を整えたりジムで体を動かしたり、食事に気づかい体質改善をしたりなど。

欧米ではメンタル面でのカウンセリングを積極的に取り入れ妊娠や出産にむけて、身体も心も整えその時を迎える準備をしている。

晩産では妊娠したあとも心配なことはたくさんあるかと思う。

妊娠中毒症や年齢を重ねると共に発症しやすくなる生活習慣病や糖尿病、心臓疾患などが心配される。また胎児にはダウン症候群など先天性疾患の心配もある。

最近では卵子の老化も話題になっており、卵子が老化することによって母体や胎児へのリスクも増えるといわれている。

ただ晩産だから希望がないといったわけではなく、日々の体調管理や食生活に気を付けて、体質や卵子の状態を良くすることで妊娠力を高めて妊活に励むことができるのだ。