女性ホルモンを増やす為のサプリメントランキング

近年の日本の出産年齢の高齢化からこれまであまり意識されていなかった女性ホルモンの分泌量について議論される事が増えた。

女性ホルモンは15歳頃から上昇し20代でピークを迎え、30歳を超えた女性は年々女医ホルモンの分泌量が減少し60代には閉経を迎える。

2012年厚生労働省が発表した日本の平均初産年齢は30.1歳とはじめて30代を越え、減少しつつある女性ホルモンをどう補うかが高齢でも妊娠力を保つ秘訣となる。

女性ホルモンとは

まず女性ホルモンとは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つに分かれる。

卵胞ホルモンは生理後から分泌が高まり、次の受精の為に卵胞の中で卵を育て精子を受け入れる為の準備をする為のホルモン。

それとは逆に黄体ホルモンは排卵日をさかいに分泌が増加し、受精しなかった卵子を外に出し次の排卵日の為に卵巣や子宮を奇麗にする役割を担っている。

これでお分かりの通り、妊娠する為には女性ホルモンの中でもエストロゲンが特に重要な役割を担っている事がお判りだろう。

女性ホルモンとストレス

では体から分泌されるエストロゲンの量をどうすれば多く分泌される事ができるかだが、これは食事だけでという簡単な話ではない。なぜなら女性ホルモンは「脳」から分泌されるからだ。

最も簡単な女性ホルモンの分泌法は「恋をする事」「男性を感じ安心感を得る事」である。実際、不妊治療を何年も続けたカップルが治療を辞めたとたん自然妊娠したという話もよく聞く。

これも女性のストレスを取り除いたとたんにエストロゲンが正常に分泌された証拠だ。女性は感情やストレス、食事バランスが等が男性に比べて大きく女性ホルモンに影響を与える。

感情も安定しストレスも少ない環境で食事によってより多くのエストロゲンを排泄させるには以下のような食品を多く摂取する事が重要だが、これを毎日食べ続ける事はかえってストレスになり元も子もないといった結果になってしまう。

そこで女性ホルモンを増やす為の正しい栄養素をご紹介しよう。

エストロゲンの分泌に役立つ栄養素

1位 マカや山芋などの根野菜
2位 タンポポや菊から抽出されるゲルマクラノライド
3位 緑茶などから抽出される葉酸

上記からもわかる通り、根や葉といった植物成分が多い。上記のような成分を毎日食事で摂取する事はなかなか難しい。そこで重要な役割を果たすのがサプリメントだ。

サプリメントは「治す」のではなく、「補う」為にある。バランスよくサプリメントを利用する事で飲まないよりも飲む方が良い結果を出す事もわかっている。