処方される薬で不妊のレベルがわかる

不妊治療で最も使われる薬は、「排卵誘発剤」だ。

排卵誘発剤は、卵巣を刺激し、卵胞が大きくなるのを促し排卵に至るまでをサポートする役割を担う。一言に排卵誘発剤と言っても種類がいくつかあり、治療の段階によって使われる薬が異なる。

薬はあくまでも妊娠させるための治療であって、本来の体が持つ機能を回復したり高める為の改善薬ではないのだ。妊娠するためには効果がある薬でも、副作用等のリスクも伴う。

”妊娠するために”ではなく、”妊娠しやすいからだづくり”を根本から改善するとより良い状態にもっていける。

妊娠しやすいからだにするには

辿り着くのは、何を摂れば妊娠しやすくなる?と言う部分だ。

一般的に妊娠しやすくなる、不妊に良いと言われている成分は数多くあるが、その成分を全種類摂取するには、時間も費用もかかってしまう。

そんな悩みを解決するのが、サプリメントだ。
サプリメントと言っても何種類も摂取していたら、逆に添加物や費用の心配が出てきてしまう。

選ぶ基準としては、妊娠に良いとされる成分が凝縮されたサプリメントが良いだろう。一種類に凝縮されていることで、飲む量や費用も抑えられる。

サプリメントをうまく活用して薬と併用することで”妊娠しやすいからだづくり”へと導いていくべきだろう。

そのためには、以下3つのポイントを把握しておくと選びやすい。

1.女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

2.卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル」が含む食品

3.血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、高齢妊娠・出産において大切なことだ。