鉄分不足による不妊症の対策

驚くことに、なんと、不妊症を疑って産婦人科を受診する女性の約9割が「潜在性鉄欠乏性貧血」を抱えているという。

詳しい検査をするまでは、かかりつけの医師ですら気付かないケースも多いのだが、次のような症状が体に表れていれば鉄分の不足を疑ってみたほうが良いだろう。

・めまい、立ちくらみ
・動悸、息切れ
・倦怠感
・イライラ
・爪が割れやすい

貧血は妊娠しにくい体質になる

貧血になると血液中のヘモグロビンの量が減り、血液に乗って体中に酸素を届ける力が弱くなる。これにより、体は徐々に冷えやすくなって、やがて妊娠しにくい体質へと変わってしまうのだ。

なぜ、体が冷えると不妊症になりやすいのかというと、妊娠に関わる器官が冷えの影響を受けやすい下半身に集中しているからだ。子宮や卵巣が冷えてしまうと、正常な働きができなくなって生殖機能が衰える。

逆に、体を温めて子宮や卵巣が本来の働きを取り戻すと、ホルモンの刺激にも敏感になって、より妊娠しやすい体制が整ってくるわけだ。

貧血の改善

貧血による冷え症を改善するには、積極的に鉄分を摂取することが大切。レバー、ほうれん草、ひじきなどに多く含まれているが、ここで一つ落とし穴がある。

レバーにはビタミンAの含有量が多いのだが、これはあまり摂り過ぎると頭痛・めまい・吐き気などの副作用が出てしまう可能性があるのだ。

そこで、摂取量の調整に役立つのがサプリメントである。鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の二種類があるので迷うところだが、吸収率や体への安全性の面でヘム鉄をおすすめしたい。

非ヘム鉄のほうが吸収率が穏やかなので体への負担が少ないと思いがちだが、実は、摂り過ぎた分はヘムオキシゲナーゼと呼ばれる酵素によって調整されるヘム鉄とは違い、非ヘム鉄は摂れば摂った分だけ体内に蓄積し、副作用を引き起こす可能性が高まるのだ。

また、鉄分はそれだけでは赤血球を作り出す力が弱いので、サポート役として葉酸やビタミンB12を一緒に摂るとより効果的である。

摂取時の注意点

一つ、気を付けなければならないのは、複数種類のサプリメントを同時に摂取する事によって気がつかないうちに飲み合わせや摂取過多になっているケースだ。

複数のサプリメントを組み合わせるのではなく、必要な成分だけが凝縮されたサプリメントを選ぶと不要な添加剤の摂取も少なく、飲み合わせの問題も起きにくい。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。