生理不順になりやすい生活習慣とサプリ

女性なら、誰しも一度や二度の生理不順を経験したことがあるだろう。ホルモンバランスは少しのことで微妙に変化するので、たまに調子が狂うぐらいなら問題はない。


しかし、生理の周期が短くなる「頻発月経」と、逆に次の生理までの期間が長くなる「稀発月経」の場合は注意が必要だ。いずれも排卵がうまくいっていない証拠なので、そのまま放置すると不妊体質になってしまう可能性がある。

生理不順になりやすい人

生理不順になりやすい人には、次のような生活パターンを送っている人が多い。

・常にストレスがたまっている
・日常的に激しいスポーツをする
・過激なダイエットをしている
・体を冷やすことが多い
・食事が不規則で栄養バランスが整っていない

生理不順になりやすい生活習慣

卵巣に女性ホルモン分泌の指令を出す脳(視床下部・下垂体)は非常にストレスに弱く、ダメージを受けると働きが弱くなる。激しいスポーツをするアスリートの女性が生理不順に悩むのもこのためだ。

また、食事を抜くなどの過激なダイエットにより短期間のうちに体重が減少すると、皮下脂肪から分泌される「レプチン」という物質が不足し、卵巣機能が低下する。体を冷やすことも生殖器官の機能低下を招くことにつながるので注意してほしい。

そして、栄養バランスを無視した食事である。体にとって必要な栄養が揃わない時期が長く続けば、調子を崩すのはある意味当然である。毎日きっちり考える必要はないが、できるだけ栄養バランスを心がけた食事を取るようにしよう。

また、足りない栄養を補助してくれるサプリメントも、複数の種類のサプリメントを同時に摂取する事によって気がつかないうちに飲み合わせや摂取過多になっているケースだ。

複数のサプリメントを組み合わせるのではなく必要な成分だけが凝縮されたサプリメントの方が、不要な添加剤の摂取も少なく飲み合わせの問題も起きにくい。